人気ブログランキング |

今日は現場の定例打合せ。もう直ぐ足場をバラシます。計画時の模型写真と、本日撮影した写真を並列しました。設計者自身が模型を作ることは大切です。僕達設計者が出来上がりを何処まで想像できているのか、意外と不確かなものです。模型を作り、そしてまた写真に収めることも大切。

c0049902_21085722.jpg

c0049902_21090267.jpg

by a-kashi | 2019-06-17 21:10 | 記録:すまい カルテット | Comments(0)

アトリエの今

「二つのアトリエと小さなすまい」
先日、室内の写真を改めて撮影に伺いました。


c0049902_16302908.jpg

引っ越しを終えてから、約半年が経過。家具は据わりの良い場所を見つけ、住まい手も居心地良い場所を探し、室内がしっとりと落ち着いた雰囲気になってきました。もともと、センス良く設えることが得意な建て主さんですが、住まいを自分自身のモノにしている感覚が伝わってきます。基本設計時には、ヒアリングを行い、持ち込みを予定する家具を確認しながら設計を進めています。家を新築するのですから、持ち込む家具も一新してという方が多いかも知れませんが、アトリエ樫では これまで使ってきた家具を引き続き使われることを勧めています。永く愛されてきた家具を持ち込むと、不思議なくらい住まいの雰囲気に厚みが生まれてきます。

c0049902_16302421.jpg




by a-kashi | 2019-06-15 16:32 | 記録:二つのアトリエと小さなすまい | Comments(0)

集落のスケッチ

こんな町並み、集落があったらいいなって、
勝手に妄想で描いていたら、山間の集落になりました。
先日、息子の案内で揖斐川流域を巡った時の記憶が、何処かにあるのかも知れません。

ただ、寝起きする為だけの住宅ではなく、
其々に 意志と目的を持って働く建物。
c0049902_20122764.jpg




by a-kashi | 2019-06-12 20:17 | 暮らし | Comments(0)