人気ブログランキング |

総仕上げ

仕上げ工事の真っ最中。
漆喰が塗り込まれ、何だか明るくなった印象です。

左官、塗装、ガス工事の職人さん達が、
現場で作業を進めていました。


一人大工さんが、こつこつ仕事を重ねる時期と違って、
現場はとても慌ただしい・・・。

c0049902_20321561.jpgc0049902_20323183.jpg
c0049902_2033157.jpgc0049902_20331967.jpg

もう一息です!
by a-kashi | 2014-02-27 20:34 | 記録:路面電車に乗って | Comments(0)

日記

僕のブログのタイトルは、「時々日記」。

ブログを開設した時、少々悩みましたが、
今思えば、丁度、僕の身の丈に合った感じです・・・。

以前の記事を時に覗いていますが、月日の経つのは何とも早い。
写真は3年程前、ハゼ釣りに行った時のもの。

その娘が、もう直ぐ中学生。
身長は160㎝台に突入間近!

c0049902_22122067.jpgc0049902_22124041.jpg
c0049902_2213028.jpg

日記を書くことで、
自分自身の成長、または後退を意識できるのが良いですね。

では、では・・・。
by a-kashi | 2014-02-26 22:21 | 暮らし | Comments(0)

無事完走

お祝いです。
昨晩の献立は、「ちらし寿司」。

c0049902_21441917.jpg
日曜日に開催された「浜松シティマラソン」で、
かみさんはハーフマラソンを完走。


東京で暮らしていた頃から、
いくつかのマラソン大会に出場していましたが、
こちらに来てからは専ら「浜松シティマラソン」に参加しています。

昨年から、スタート場所が浜松市役所前に変わり、
街を駆け抜ける爽快感があるとのこと。
途中、建て主さんのお子さんから給水を受けたり、
毎年何か想像の付かない事が起こる様です。


また、今年から出場枠のカテゴリー構成が変わり、
大会翌日の新聞紙面にも、上位成績者として名前が出ています。
本人、何だか今日は妙に機嫌が良い・・・。

毎度のことながら、かみさんには脱帽です!
by a-kashi | 2014-02-24 21:56 | 暮らし | Comments(2)

新しい住まいづくり

新しい住まいづくりが始まります。

住まいづくりのネーミングを、
「五尺八寸のすまい」とさせて頂きました。

c0049902_2213207.jpg
実は、こちらの住まいの家業は建具屋さん。

現在の住まいで使用している建具を、
一旦は再利用することもあり、
建具の内法寸法を五尺八寸(1757㎜)に整えています。

既存木製建具を基準に、アルミサッシュの掃出し窓は、
H寸法の切り詰めも行っています。



アトリエ樫での木製建具内法寸法は様々。

アルミサッシュの規格寸法に合わせた1800㎜。
面材と巾木のH寸法を考慮して決めた1845㎜。
天井一杯、垂れ壁無しの寸法を確保する場合は2000㎜・・・。

とは云うものの、建具の内法寸法は低い方が できれば良い。
床座で使用する和室であれば尚更です。


写真は加工場の天井に貼られていた、
「注文建具 標準価格表 (昭和38年度版)」。

この価格表、実は僕と同い年でした!
by a-kashi | 2014-02-21 22:37 | 記録:五尺八寸のすまい | Comments(0)

「今日、何の日?」

朝食の後片づけをしていたら、
娘を小学校に送り出した かみさんが、僕に一言。
「今日、何の日だか分かる?」

「えーと、えーと何だっけ」、急には思いつきません。
かみさんの誕生日でも、結婚記念日でもない。
まずいぞ、まずい、今日はいったい何の日だ。

頭の中でグルグル・・・。



思い付きました!
今日は月に一度の「挨拶運動の日」なのでした。
ユニホームのベストを抱え、慌てて自転車で通学路に向かいます。

交差点での子供達の安全確保と、大きな声での声掛け、挨拶。
今年で3年目になるのかな・・・。

交差点に立つ、朝7時からの約30分。
何だかとても気持ち良い。


僕が声を掛けているつもりだけど、
きっと、子供達に声を掛けられているんだと思う。
by a-kashi | 2014-02-20 22:22 | 暮らし | Comments(0)

外構工事の打ち合わせ

先の土曜日は、外構工事の打ち合わせでした。

c0049902_21302051.jpgc0049902_21303421.jpg
c0049902_21332046.jpgc0049902_2131784.jpg
外部足場がバレテ、建物が露わ。
何だか急に敷地が広くなった印象を受けます。
こうした状況になると、敷地全体のスケールをイメージし易くなります。

ということで、基本的な植栽の構成を、
ハウズの鈴木さんから 建て主さんに説明して頂きました。

アトリエ樫の建物には、「濃い緑」が似合うと、
鈴木さんから お褒め(?)の言葉を貰いました。

鈴木さんの生み出す庭は、
樹形の柔らかな緑と アプローチの土間や板塀などの固い工作物の、
バランス感覚が絶妙です。

また、何処か生け花を活ける様にして、樹木を植え込むところがあり、
アトリエ樫で設計した固い表情の建物と、相性が良いのかも知れません。

建物を引き渡した後、3月中旬から外構工事に着手します。



写真は内部ばかりで、ゴメンナサイ・・・。

外部の写真は、今回割愛。
今は裸で突っ立っているようで、
何だかとても恥ずかしい。
by a-kashi | 2014-02-19 21:48 | 記録:路面電車に乗って | Comments(0)

失敗でした。

本日のカレー。
残念ながら失敗でした・・・。

c0049902_2150342.jpg
もう少し、チョコレートの量を抑えた方が良かった。
でも、時には こうしたチャレンジをするのも良いですね!
by a-kashi | 2014-02-18 21:53 | 料理 | Comments(0)

明日はカレー

明日は、午後1時30分から掛川で現場打ち合わせ。
その前に、急遽、磐田で竣工後の住まいを訪問することになりました。

困ったことが一つ生まれました。
明日の昼飯は、どうしよう。

火曜日の昼食当番は塚本さんですが、
時間のやりくりが難しそうです。
何だか慌ただしくなりました。


ということで、困った時の定番メニュー。
僕がカレーを作ることにしました。

c0049902_21483090.jpg
リリーフエース、「ベイスターズ・佐々木」の登場です。
そんな感じでしょうか・・・。(ネタとして厳しかったでしょうか。)

写真はカレールーを入れる前の状態。
何だか黒いのは、バレンタインのおこぼれで、
ブラックチョコレートパウダーを入れたからです。


じっくり煮詰め、ゆっくり冷まします。

こうした煮込みメニュー。
煮込むこと以上に、煮込んでから一旦、定温にする(戻す)時間が、
実は重要な様です。

明日、再び火入れをし、カレールーを投入します。


イメージとしては、銀座資生堂パーラーのカレー。
どうなることか、明日のお楽しみです。
by a-kashi | 2014-02-17 21:57 | 料理 | Comments(0)

「猿」と「猫」

水曜日、東海道の二川宿へ行きました。
二川本陣で見つけた雨戸がこちら。

c0049902_82617.jpg
よく見掛ける雨戸の内カギですが、
見掛けない三角定規のような、
堅木の板が付いています。




鴨居のホゾに差す桟木を、
縦方向に持ち上げながら、
同時に三角定規をスライド。
c0049902_8262057.jpg
すると桟木はバッチリ固定され、
雨戸の内鍵が掛かります。

こうした内鍵。

てっきり、
閂(かんぬき)と呼ぶかと思っていましたが、
実は、猿(さる)と呼ぶのだそうです。


よくできた猿です。
仕組みはシンプル、発想が自由。



追記


こんな話をしていたら、
事務所の塚本さんが書棚から「建具製作教本」を取り出してきました。
全国建具組合連合会が、昭和59年に発行したものです。
この本、何処で手に入れたのか、かみさんの本です。

c0049902_22103914.jpg
僕が「三角定規」と記載していた部位は、「猫」と呼ばれる様です。

「猿」と「猫」。

飄々としつつ、
建築の用語には底知れぬ奥行きがあって、
本当に面白いですね・・・。
by a-kashi | 2014-02-14 08:38 | 建築 | Comments(0)

現場監理

現場の監理も終盤。
春先の竣工に向けて工事は進んでいます。

c0049902_22465311.jpg
現場の監理は、現在進行中のある状況下で行われる訳で、
建物が絶えず最終的にどうなるのかを想像して、仕事を進める必要があります。

最後に入れる具材や調味料が入っていない段階で何度も味見をし、
その時点で必要な様々な指示を出して行く様なものです。

そこにはイマジネーションというか、
想像力が必要。


目の前の状況を、ただ見てくることは現場監理とは云えない。
by a-kashi | 2014-02-12 23:00 | 記録:路面電車に乗って | Comments(0)