人気ブログランキング |

<   2011年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

もう一息

既存建物の大規模な解体からスタートしましたから、
ここに至るまでの道のりは長かった・・・。

敷地での最初の打合せは、2010年2月10日。

c0049902_21142172.jpg


続きを読む・・・。
by a-kashi | 2011-08-31 21:35 | 記録:広縁のあるすまい | Comments(0)

家庭科の教科書

アトリエ樫で設計した住まいが、
小学校の家庭科の教科書に掲載されています。

c0049902_212729.jpg

雑誌社から問い合わせがあったのは数年前のこと。
正直なところ、忘れていました・・・。

続きを読む・・・。
by a-kashi | 2011-08-29 21:47 | 暮らし | Comments(2)

「食べる」

食べるってことは、受け入れるってことだな。


目の前にあるものを受け入れるっていうか、
美味いとか、まずいとかじゃなくて、
とにかく食べる。

それに答えて、とにかく作る。


僕達は最終的に食べ物と一緒に、
その土地の空気を頂いている。

c0049902_21562287.jpg
講釈云ってる奴に限って、
調理も出来なきゃ、味音痴。

c0049902_21564689.jpg

繰り返しになるけれど、そこで採れる食い物を、
その場所の空気と一緒に食べるのは格別。

「確かに美味い!」と想いました。




高知の食いもんは、浜松に似ている。
鰹にジャコに、新鮮野菜・・・。
by a-kashi | 2011-08-26 22:04 | 料理 | Comments(0)

現場で確認

c0049902_12275757.jpg
天井と壁との取り合い、
この隙間どうしようか?
c0049902_1228247.jpg
ペンダントの高さは、この辺ですかね?
もうちょっと上、もうちょっと下・・・。
c0049902_12284746.jpg
えーと、濡縁からGLの仕上がりまでは?
やはり、靴脱ぎ石は必要か・・・。
c0049902_1229738.jpg
板塀の高さは、
この辺にしようと思いますが・・・。
縦張り、横張りどちらにしよう?

竣工まで、もう一息。
ここまで来ると、現場で確認するのが一番ですね!
by a-kashi | 2011-08-25 12:40 | 記録:広縁のあるすまい | Comments(0)

今日の空。

c0049902_2124912.jpg

沸き立つ入道雲。
季節は大きく動いています。
by a-kashi | 2011-08-24 21:04 | 自然 | Comments(0)

倉敷

倉敷に行きました。
正確には、倉敷に立ち寄りました・・・。

c0049902_14161726.jpgc0049902_14163117.jpg
c0049902_141659100.jpgc0049902_14171062.jpg
c0049902_14173276.jpgc0049902_14174448.jpg

毎年、夏には高知へ向かいます。
高知は、かみさんの生まれ故郷。
ご両親や妹も元気で暮らしています。

そこで、高知に向かう道中、毎年何処かに立ち寄ることにしているのです。
「京都、大阪、神戸、丸亀、高松、琴平、吉永(閑谷学校)・・・」

今年も候補地が幾つかありました。

息子が行きたかったのは「備中高梁」でしたが、
時間的に少々厳しいこともあり、「倉敷」に行くことになりました。
正式決定は高知に向かう数日前のことです。


高知に行く際、新幹線で岡山まで行き、
そこから土讃線に乗り換えます。

在来線で岡山から15分ほどの距離にある倉敷に、
これまで立ち寄らなかったのが不思議なくらい・・・。


倉敷といえば、建築家の「浦辺鎮太郎」、
生活雑貨ブランドの「倉敷意匠」が思い浮かびます。
僕の倉敷に対する予備知識は、その程度でした。

おそらく観光地化されているだろうと、
正直なところ余り期待をしていなかったのですが、
なかなか素敵な町でした。

裏通りに一歩足を踏み入れると、
そこには人々が暮らす普通の町がある。
観光地の中心にある歴史的な建造物に、
今でも人が暮らし、内部の見学が不可だったりする。

観光を生業にしつつ、そこで人々の暮らしが同時に紡がれる。
そんな一面に魅力を感じました。



追記:建物外観の印象

1階まわりは真壁、2階部分は漆喰大壁とする住まいが多く見受けられました。
防火の関係でしょうか?維持管理の関係でしょうか?
「外壁の構成を上下階で切り替える造りかたも有りだな」と思いました。
何となく「すっきりとした」印象を受けます。
by a-kashi | 2011-08-20 14:32 | 暮らし | Comments(0)

東京から、甥っ子と姪っ子が遊びに来ています。
娘を含め3人の子供を連れて、川遊びに行きました。
行った先は、天竜川の支流、阿多古川。

c0049902_8441489.jpg
水中眼鏡を掛け、川の中を覗き込む子供達。
魚を見つけたのか、きれいな石を発見したのか。

もう僕達大人には見ることができない、
何か別のものを見つけたのかも知れない・・・。

c0049902_8496100.jpg
10時前に川に入り、その場を離れたのは午後2時近く。
「自分達で積み上げた岩風呂に入って、あーっ気持ち良いなんて御満悦!」
子供の元気は無限大ですね・・・。
by a-kashi | 2011-08-14 08:51 | 暮らし | Comments(0)

基本設計

読んで字の如く、
基本設計は住まいを創る上で、
基本的なことを取り決めて行く作業であります。

取りまとめた内容は、
設計者と住まい手の間で交わす、
これからの目標であり、目指して行く「頂」のようなもの・・・。

c0049902_22433721.jpg
                                 模型製作:寺田隼


この「頂」に向かって、施工者を交えた検討がこれから始まります。
本日、基本設計の作業が一つ終わりました。


終わりは始まり。
始まりは終わり・・・。

正念場を迎えます。
by a-kashi | 2011-08-12 22:50 | 建築 | Comments(0)

ステンシル

スタッフの寺田君が、
ステンシルで事務所の看板を制作。

看板といっても、事務所として使っている、
昭和初期に建てられた蔵の入り口に・・・。

c0049902_21144629.jpg

錆びかけた、鉄板葺きの扉にステンシル。
型紙を貼り付け、スプレーで塗装。

「少し、ぼやけた方が良いですよね」と、寺田君から一言。
「お任せします」と、小さく返答。

c0049902_21162254.jpg


いい感じに仕上がりました。
by a-kashi | 2011-08-11 21:18 | 暮らし | Comments(2)

無事上棟

目まぐるしく変わる天候下での上棟。
頭の片隅にも無かった天気の変化。
棟梁の「念のため」には、頭が下がります・・・。


ゲリラ豪雨のような激しい雨に遭いました。
ピーカンの晴天下、真っ赤っ赤にもなりました・・・。

c0049902_2119830.jpg


建築を創る醍醐味は、現場にあります。

続きを読む・・・。
by a-kashi | 2011-08-06 21:44 | 記録:庭とすまい | Comments(0)