人気ブログランキング |

<   2008年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

建築展

建築WEEKin浜松2008秋
今回で5回目を迎えました。

c0049902_2310377.jpg

c0049902_23104784.jpg今回の建築展は、
旧浜松銀行協会の向かにある
「鴨江別館」で開催されます。

明日からの開催を控え、
今日が会場準備の最終日・・・。

開催期間は11月1日(土)から
11月9日(日)までとなっています。


但し、祭日の11月3日は休館日の為、
建築展もお休みとなりますので、ご注意を・・・。



ちなみに僕は、11月2日(日)が当番日。
終日会場に詰めていますので、遊びにいらして下さい。
by a-kashi | 2008-10-31 23:16 | 建築 | Comments(0)

刻み

人の手で材料が刻まれるというのは、
見ていて本当に気持ちの良いものです!

プレカットではなく手刻み。
構造材の刻みに入っています・・・。

c0049902_20504264.jpgc0049902_2051320.jpg

c0049902_20512926.jpgc0049902_20515054.jpg

研ぎ澄まされた道具、
手入れの行き届いた道具で刻まれた、「継ぎ手」や「仕口」。
仕事を見ているだけで、不思議と背筋が伸びる「凛とした空気」・・・。

大半が化粧(あらわし)の材料なので、材に打つ墨はベンガラの朱墨。
接合部分では、材の締まりを考えて、墨一本を残して刻む。
職人さんの仕事は奥深い・・・。

こうした技術に応え、こうした仕事を生み出し、
時に職人を悩ましていくような仕事を重ねて行きたいと思いました。

規格化、標準化、プレカットも良いけれど、
その一方で人間自らが頭を悩まし、手を動かし、
図面を描いて材料を刻む世界が存在しないと、
俺たち自身が駄目になるのは目に見えています。
by a-kashi | 2008-10-30 21:09 | 記録:甍のすまい | Comments(0)

工事中

現場は佳境を迎え、只今まさしく工事中。

c0049902_20121337.jpgc0049902_201235100.jpg

c0049902_2013628.jpgc0049902_20132487.jpg

c0049902_20135026.jpgc0049902_20141620.jpg

物を作り出す職人さんの知恵があって、
現場を切り盛りする監督さんの知恵があって、
設計する僕達が持っている小さな知恵があって・・・。

皆で知恵を出し合って、一つの住まいを作り出そうと一生懸命考える。
現場は皆で創るもの。


あ~っ大変!
あ~っ楽しい!


この現場は、10年近く前、「比良の家」の時にお世話になった、
阿部建設さんに工事をお願いしています。

家づくりを進める上で、
僕達設計する側の想いは当然ある訳ですが、
それとは別に、作り手側の流儀や、職人にとって使い慣れた材料が当然在る訳です。

こうした状況下に設計者として乗り込む僕達は、
単に設計図通りに作ることを、作り手側に求める訳ではなく、
工務店さんや職人さん達が持つ知恵に耳を傾けた上で、
僕達だけでは知りえない、新しいものを作ろうと一生懸命考えることが大切・・・。

現場での打合せは、僕達にとって「宝の山」のようなのもの・・・。


「分からない」と素直に云えること。
「こうしたい」と素直に伝えること。


現場に立つ僕達設計者は、この二つのことを何時までも忘れちゃいけない。
by a-kashi | 2008-10-28 20:29 | 記録:ひのき普請のすまい | Comments(2)

建築展の季節

今年もやって来ました「建築展」。
何だか急にバタバタしてきました。

今回が5回目の開催になります。

c0049902_21291537.jpg
過去4回は、「旧浜松銀行協会」を会場として来ましたが、
今回は向かいの「鴨江別館」で開催の運びとなりました。
実行委員長の伊藤さんのカラーなのか、少々アカデミックな雰囲気になってきています。

掲載した静岡新聞の記事にあるように、
一旦は解体決定と云われていた「鴨江別館」も、
保存に向けて行政側が舵を切ったようです。

c0049902_21294978.jpg
個人展示はさて置いて、
今日は「住吉浄水場ポンプ室」の展示パネルを製作していました。
「鴨江別館」と同様、昭和初期にに建てられた建物です。
先輩達(K、H、Hさん)と一緒に、建築士会の講習の一環で今年調査を行いました。

パネルに記載した建物に関する所見を中心になってまとめたのは、「西」のHさんです。
本当に趣きのある素敵な建物なので、折角だから多くの皆さんにも見て頂きたくて、
今回展示パネルとしてまとめることになりました。



個人展示の製作は、これから本格的な作業に掛かります。
当日までに間に合うでしょうか・・・?
by a-kashi | 2008-10-22 21:41 | 建築 | Comments(0)

記事紹介

以前にも紹介した、尊敬する大学時代の先生が主宰するブログ。
ブログの記事には、建築設計をする人達皆に知ってもらいたいことが溢れています。

特に今回の記事は、僕にとって思い出深いもの。
学生時代に聴講した講義の内容が蘇ってきました・・・。


こうしたことを一つ一つ大切にして行くと、
まちの佇まいはもっと良くなって行くと思うのだけど・・・。

是非、是非、一読あれ!
by a-kashi | 2008-10-21 21:45 | 建築 | Comments(0)

釿(ちょうな)

釿(ちょうな)を使って太鼓梁の加工をしてもらいました。

1.5層分吹きぬけた空間に掛かる小屋梁。
天井高さを余り意識させない引き締まった空間を創りたいと想い、
設計の段階で其処に一本の梁を掛けることにしました。

c0049902_20163560.jpg
図面で「末口7寸の太鼓梁」と書くのは容易ですが、
作り手側からすると、そこからが大変・・・。
試行錯誤が始まりました。

結局、杉を太鼓に落とした皮付きの材に釿(ちょうな)を掛けて、
梁の上端と下端を「名栗面」で少しラフに仕上げてもらうことにしました。

c0049902_2017788.jpg
釿(ちょうな)という道具を、設計した建物の現場使うのは今回が初めてです。
加工の様子を、事務所の皆でじっくりと見せて頂きました。

以前、宮大工西岡棟梁の「薬師寺西塔再建・記録用ビデオ」の中で見た釿(ちょうな)が、
今回、実際の現場で使われるのを見て何だか感激です!

さすがに槍鉋(ヤリガンナ)は登場していませんが・・・。
by a-kashi | 2008-10-21 20:23 | 記録:甍のすまい | Comments(2)

クリア

今日は健康診断。
無事クリアしました。

国際糖尿病連合(IDF)基準(2005年)
腹囲男性90cm、女性80cm以上が必須。かつ
血圧130/85mmHg以上。
中性脂肪150mg/dL以上。
HDLc男性40mg/dL、女性50mg/dL未満。
血糖100mg/dL以上。
の4項目中2項目以上。

日本肥満学会(JASSO)基準(2005年)
腹囲男性85cm、女性90cm以上が必須。かつ
血圧130/85mmHg以上。
中性脂肪150mg/dL以上またはHDLc40mg/dL未満。
血糖110mg/dL以上。
の3項目中2項目以上。

改訂NCEP-ATPIII基準(2005年)
腹囲男性90cm、女性80cm以上。
血圧130/85mmHg以上。
中性脂肪150mg/dL以上。
HDLc男性40mg/dL、女性50mg/dL未満。
血糖100mg/dL以上。
の5項目中3項目以上。

九州大学(久山町研究グループ)の提案(2006年)
JASSO基準の腹囲を男性90cm、女性80cm以上に置換したもの。

腹囲をCRPに置換した提案(2006年)
改訂NCEP-ATPIIIの腹囲をCRP0.65mg/L以上に置換したもの。


ネットで検索したら、こんな基準。
僕には意味不明の単位。
一体、誰が決めたのか・・・。

今日の健康診断で、
腹周りをメジャーで測ったお医者さんに、その場で聞いてみました。
「何センチでした」・・・。

個人情報ですから言葉には出来ませんとのこと。
聞いているのは自分自身の腹周り・・・?

前日、家族3人でプールで泳ぎ込み。
その甲斐あって、どうにか基準をクリアしました。
僕の腹囲が、それほどの個人情報とも思えませんが・・・。
by a-kashi | 2008-10-20 22:31 | 暮らし | Comments(2)

建具の図面

家づくりの現場が後段になってくると、
建物の骨格から、人の手に直接触れる部分に工事内容が変わってきます。
家具工事、建具工事、塗装工事、左官工事・・・。

今日は一日中、木製建具の図面を整理していました。
大きな家なので、建具の本数もそれなりです。
A4サイズ、20分の1で表現して40枚以上になりました。

c0049902_2212170.jpg

何枚も何枚も図面を描き。
「あーっ、もうやだ!」と根を上げると、
「繰り返し、繰り返し同じことをするのは好きなんでしょ!」と云われる始末。
さすがに、40以上の建具を一本一本考えるのは応えます・・・。

そこに暮らす家族の体格。
天井高や建具全体のプロポーション。
折角きれいに作った建具も、引き手の取り付け位置を誤ると台無しです。
高さ、寄り、大きさ、色についても慎重に考えます。


僕自身それ程に建具金物好きではありませんが、
其処には中々奥深い世界が広がっているようです。

当然のことかも知れませんが、僕達設計者は単に見た目だけで金物を選択する訳ではなく、
実際に建具を如何に使うのか考えながら設計を進めています。
工業製品としての規格化が進んだアルミサッシュでは、
僕達設計者の楽しみを、ある意味で奪ってしまったのかも知れませんが、
木製建具の世界にはまだまだ楽しいことが一杯詰まっています。


この鍵は、子供の手に届かない方が良いのかな・・・。
この建具、H寸法が大きいから、建具の見込み寸法を大きくしようか・・・。
便所のケース鎌錠のバックセットは30㎜だから框の見付寸法は60㎜にしようか・・・。
そもそも此処に建具は必要だろうか・・・。


考え出すと、きりがないですね・・・・。
奥深い、楽しい楽しい、木製建具の世界!

設計をする人達は、日々こんなことを考えて仕事を進めています。
by a-kashi | 2008-10-16 22:33 | 建築 | Comments(1)

障子に映る

窓ガラスにゼリー状のピースを貼り付けて、娘が作った笑顔。
僕には「ウインク」しているように見える。
髪の毛が「クリン」と外に跳ねて、なんとも可愛らしい。

c0049902_2154193.jpg
天気が良いと、障子に映り込む笑顔。
今日は一日良い天気・・・。
by a-kashi | 2008-10-15 21:58 | 子供のページ | Comments(0)

浜名湖

昨日は浜名湖に釣りに出掛けました。
久し振りに一人で・・・。

c0049902_1238943.jpg
さわやかに空晴れ渡り、海も同じく晴れ渡り。
空の表情と海の表情は一対なんですね。

10時過ぎから竿を出し、一投目から強い当たり。
幸先良く20㎝ほどの鯛が上がりました。

それからは、竿を2本出す余裕も無く、気が付くと予定時刻の12時過ぎ。

シンデレラじゃないけれど、帰らなくちゃいけません。
3連休の前半2日間、余り相手ができなかった娘と、
実はプールに行く約束をしていたのでした。

c0049902_12384124.jpg

久し振りの大漁です。
鯛2枚、セイゴ、キス、ハゼ3匹、メゴチ、ヒイラギ3匹。
後ろ髪を引かれる想いで撤収しました。
もっと釣っていたかったな・・・。


c0049902_21133748.jpg釣った魚は、皆美味しく頂きました。
ヒイラギの煮付けが一番うまかった!
by a-kashi | 2008-10-14 12:57 | 自然 | Comments(2)