人気ブログランキング |

<   2006年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

大根しゃぶしゃぶ

「きしめん」ではありません。
大根です。

c0049902_2153373.jpg
昨日の晩ご飯。
かみさんは、昆布とホタテ貝で出汁を採り、
そこに、ピーラーで薄く剥いた大根を入れ、「しゃぶしゃぶしゃぶ」・・・。
「しゃぶしゃぶ」だと、少し硬いかもしれません。

c0049902_2262974.jpg

料理本に載っていたメニューのようですが、
結構行けます。
美味しいです。

一味唐辛子を振りかけ、柚子醤油で頂きました。
大根一本、4人で平らげました!
by a-kashi | 2006-10-31 22:00 | 料理 | Comments(0)

桐生へ

先週の金曜日から日曜日にかけて、群馬県の桐生市へ。

東海道新幹線、上越新幹線、両毛線。
東京と高崎で乗り継いで、途中は心細くなるほどの漆黒の闇。

そして、辿り着いた「桐生」・・・。



今回、桐生に向かったのは、「木の建築フォラム」が主催する、
「木の建築賞」の2次選考会のプレゼンテーションに参加するのが目的でした。

対象地である関東、長野、静岡から参加した応募者の内、
一次審査の書類選考に通過した約半数が桐生に集合。

25名程の応募者が、木の建築作品や、建築を進める上での活動の発表を行いました。

僕は、「森とすまいの会」の一人として、会の皆と参加。
審査結果は残念ながら三次選考会に残れませんでしたが、
桐生の町を堪能して帰ってきました。

c0049902_20512923.jpg















旧桐生高等染織学校本館・講堂


個々の住まい手、敷地と向き合って、
一つ一つ住まいを創るのが僕達の仕事。
しかし、こうした日々の仕事の中、高いモチベーションを維持して行くのは大変なことです。

会社の上司がいて、叱咤激励を受けて仕事をする訳でもなく、
昇進試験に向けて頑張るでもなく、
年末のボーナスに向けて仕事をする訳でもなく・・・。

今回、各地から集まった人達の話を聴き、
強い刺激を受けて帰ってきました。


「頑張らなくちゃ」と思いました。
頑張っている人ほど、楽しんでいると思いました。
by a-kashi | 2006-10-30 18:58 | 桐生の町 | Comments(0)

新居町

今日は、建築士会の関係で、新居町のまち歩き。

新しく建築を設計するのが、僕達設計者の端的な仕事ですが、
建築を創るのが目的ではなく、心地よい暮らしの場を創るのが本来の目的。

つまり、単に建築を創るのではなく、
壊されようとしている建築を守ること、
傾きかけた建築を再生することも僕達の職域になります。

難しい話はさて置き、今日撮影した街の様子を紹介します。

c0049902_2112676.jpg

上の写真は、再生された「旅籠紀伊国屋」2階の写真。
昭和30年代までは、料理屋として現役で使われていたそうです。
新居関所から歩いて数分のところにあります。

押さえられた天井高。
メジャーで測ると、丁度6尺(1818㎜)でした。
当時、町人の旅人衆が宿泊したようです。

しかし、これがまた何とも云えない雰囲気。
寸法は、単に天井の高さとった端的な要素で決まるのではなく、
様々な部材寸法、窓の腰高、内法の高さといったバランスで決まることを痛感しました。


c0049902_2112295.jpgc0049902_21125385.jpg街を歩くと、
様々な光景に出会います。


車に乗って移動するのは、
何も見ていないのと同じこと。


徒歩で1時間強歩くことで、
町の印象は大きく変りました。


c0049902_21162597.jpgc0049902_2116552.jpg
知ることで愛着が生まれる。

町を好きになるのは、
本当に町を知ることから
始まるのかも知れません。


c0049902_2118643.jpg

by a-kashi | 2006-10-25 21:19 | まちづくり | Comments(0)

人間ドッグ

家人に進められ、人間ドッグ一歩手前の健康診断に行きました。
昨年の健康診断に続き、浜松に戻ってから2度目の経験です。


何とも不思議な雰囲気でした。
寝巻き姿に着替えた、中年以上の男達が、
仲良く椅子に座って自分の番号が呼ばれるのを待ちます。

見知らぬ大人が寄り添って、
身長体重測定から始まり、血圧、採血、心電図、聴覚、眼圧検査・・・。

一通りの基本的な検査を終えると、
レントゲン車に移り、中の座席で待つ事暫し。

僕の診察番号は12番。
最初は見向きもしなかった隣席の13番の男性と、
最後には「バリウム談義」。

13番:「最近のバリウムは飲み易くなった見たいですね。」
12番:「そうなんですか?」
レントゲン技師:「12番の方どうぞ。」


決してバリウムは飲み易くなかった。

誰もが皆、何だか不安だったのかも知れない。
最後の検診車で何となく、ほっとしたのかも知れない。

数時間一緒に並んで座っていただけなのに、
共に不安を乗り切った妙な心境。
by a-kashi | 2006-10-24 21:02 | 暮らし | Comments(0)

寸法の妙

「大きな屋根の住まい」。

造作材が取り付き、面材が張られ、
図面の上で決めた寸法が実感を持って感じられる状況になって来ました。

c0049902_20234727.jpgc0049902_2024620.jpg

アトリエ樫で設計する住宅では珍しい、
大きな吹抜けのある住まい。

2層吹抜けの高さを可能な限り押さえるため、
上階部分の天井高さは、内法寸法程度に抑えています。
普段は体感できない、何となく不思議な印象。

最終的に、天井面は白く塗られ、現在知覚される所から、
多少離れた印象になるのかと思われます。

水平の広がり、押さえの効いた垂直方向の寸法。



丸や三角、四角といった形態には、余り興味が有りません。
普段使い慣れなれない寸法を図面に書き込む時、
何とも云えない「ドキドキ、ワクワク」を感じてしまいます。
by a-kashi | 2006-10-20 20:27 | 記録:大きな屋根のすまい | Comments(0)

街を歩けば・・・。

昨日は、建築士会で先輩の堀内さんと街歩き。
天竜川に程近い、浜松市中ノ町を歩きました。

浜松に帰ってからは、東京に居た時とは問題にならないくらい、
車に頼った生活をしています。
歩きながら、街を楽しむ時間は何処かへ消えてしまいがち。

c0049902_1745238.jpg

国道の整備で、止む無く伐採されるかも知れない樹木を見て廻ったり。

c0049902_1746759.jpg

街の裏通りを散策したり・・・。

c0049902_17484132.jpg そこで見つけたテンプラ屋。

 営業時間前とのことで、
 買い物をすることは出来ませんでしたが、
 何だかとても懐かしい雰囲気。

 ゴボウ天、芋天、キスの天婦羅、ハムカツ・・・。
 そして、ポッキンアイス20円。


地元の堀内さんには、当たり前の光景のようですが、
僕達は急に子供の頃を思い出してしまいました。
by a-kashi | 2006-10-19 17:54 | まちづくり | Comments(0)

ブリと格闘

日曜日。
引渡しの翌日。
午前中の打ち合わせを終えて、子供達と一緒に公園へ行きました。
出張や引渡しで、少々体は疲れ気味。
けれども子供は元気いっぱい!

そのままじっとしていると、眠りに付いてしまいそうな体を揺さぶられ・・・。
そんな体に鞭を打ち公園へ。
其処で5歳の娘の自転車レッスンが始まりました。

自転車に乗れそうな雰囲気は前から有りましたが、今回初めて乗れました。
ぎこちないけど、何だかとても力強くペダルを踏んでいました。



c0049902_2126428.jpg

東京に住む弟が釣り上げ、港から直送られたブリをさばき、
本当は日曜日の夜に息子の快気祝いをする予定でした。

しかし、何時の間にやら、
「娘の自転車初乗りを祝う会」に
なってしまいました。




70~80cmのブリと格闘。
ブリの刺身。ブリのしゃぶしゃぶ。焼き物・・・。

中々手ごわい。
出刃が短い・・・。
by a-kashi | 2006-10-16 21:35 | 料理 | Comments(0)

腰が痛い

先週の土曜日。
無事、引渡しを終えました。

c0049902_20445552.jpg

初めて会ってから、おおよそ1年半。
お互いに、全く相手のことを知らないところからスタートして、
上棟の日のように、引渡し当日も最後は握手で別れました。

素敵な住まいが出来たこと以上に、
素敵な人と出会えたことに感謝であります。

c0049902_20582199.jpg

今回も、最後に床のワックス掛けを、お施主さんと一緒に行いました。
引き渡された其の日から、住まいの手入れが始まる。

ちょっぴり大変ですが、
住まいは買い求めるのではなく、
獲得し自らが育むものだということ・・・。

c0049902_2134135.jpg

汗だくになって床のワックス掛け。
建物同様、僕達のハートにもワックスが掛けられたようです。
by a-kashi | 2006-10-16 21:09 | 記録:鎮守の森のすまい | Comments(2)

玉砕

以前訪れたのは、10年以上前になるでしょうか。
本当に久し振りに筑波へ行きました。

c0049902_20271361.jpg

新幹線に乗って東京へ。
秋葉原から筑波EXPに乗り換え、降り立った筑波。
変っていました。

特に、街路樹は天に届くが如く、大きく育ち。
僕が学生時代を過ごした20年ほど前とは、雰囲気がまるで違います。

1日だけ、1時限だけの非常勤講師。
みごとに玉砕して帰ってきました。

普段使い慣れないコンピュターに向かって、
スクリーンに仕事の写真を映し出したのですが・・・。

冷や汗。
そして目の前が、真っ白。
学生さんには、本当に申し訳ないことをしてしまいました。

筑波へ行ったのは、先週の木曜日。
やっと立ち直って、ブログをアップしています。
by a-kashi | 2006-10-16 20:36 | 建築 | Comments(0)

椎の実

土日と強風が吹き荒れました。

お祭りで行った神社の境内。
そこには「椎の実」が・・・。

c0049902_16342796.jpg

娘と二人、両手いっぱいに収穫。

c0049902_16332299.jpg
家に持ち帰った椎の実を、先ずは水洗い。
水に浮かんだ実を取り除いて、
フライパンで炒ること数分。


我家恒例の、秋の味覚。



山栗のような、素朴な風味を楽しめます。
by a-kashi | 2006-10-09 16:39 | 自然 | Comments(0)