人気ブログランキング |

カテゴリ:記録:茶畑脇のすまい( 3 )

外構工事が無事終了

「茶畑脇のすまい」。外構工事を無事に終えました。上棟二日目の監理業務の帰り道、スタッフの江尻さんに現場の写真を撮ってきて貰いました。シュッとして、凛とした、住まい手の雰囲気が建物や外構から伝わって来ます。折角、個々に時間を掛けて設計するのですから、その土地、その人に似合う、着心地、居心地の良い住まいを創りたいと思うのです。布団が窓辺に干してあって、駐輪所に自転車が並んでいて、こうした生活の総てを受け止めた上で、美しく愛おしい佇まい。外構:ハウズの鈴木さん。素敵な住まいになりました。

c0049902_22043830.jpg

by a-kashi | 2019-05-10 22:06 | 記録:茶畑脇のすまい | Comments(0)

茶畑脇のすまい 

ちょうど一年前の今頃。ゴールデンウィークに入る前だったと思います。これから茶摘を迎えるというのに、その茶畑の一部を伐根して宅地が造成されました。この土地が売りに出され、初めて確認に行った時は茶畑の状態でしたので、何だか申し訳ない複雑な気持ちになったことを今でも覚えています。南側に前面道路があるので、茶畑の畝は南北に長くなっています。その畝の何本かを崩し宅地としたので、南北に奥行きの深い癖のある敷地になりました。こうした敷地の持つ癖を逆手に取って、懐の深い佇まいの住まいを築くことが今回のテーマの一つになります。以降、工事は順調に進み、現在 外構工事を もう直ぐ終了するところまで漕ぎ着けました。「茶畑脇のすまい ~カナヘビハウス~」は、とっても楽しい住まいになりました。これから、順次 すまいづくりの過程を紹介して行きます。

c0049902_17101874.jpg


by a-kashi | 2019-05-02 17:13 | 記録:茶畑脇のすまい | Comments(0)

プレカット工場へ

「茶畑脇のすまい」。これから、すまいづくりのプロセスを紹介しますと云っておきながら、いきなり竣工してしまいましたね。昨年の10月初旬に遡ります。新城市にある大森木材のプレカット工場へ行きました。これから加工を行う木材の木柄を確認し、木配りをしてきました。工場では羽柄材の切れ端を集め、接着して間柱を作ったり。これまた合板の切れ端を集めて接着し、木製パレットの部材を作ったり。材料の再利用率の高さに驚かされました。集成材には今でも何となく抵抗があるのは事実ですが、木材の有効利用という視点からすると今日見た仕事は興味深かったです。

c0049902_10045195.jpg

今回の住まいづくりでは、プレカット工場で構造材の加工を行っています。イニシャルコストからすると、こうした選択になる訳ですが、大工さんが自ら墨付け刻みを行う「手刻み」の仕事も行われています。しかし、手刻みの仕事は少数派。木造住宅の構造材の加工全体の1割に満たないと思われます。アトリエ樫の仕事では、手刻みの仕事が全体の3割から4割。過半はプレカット加工になります。施工を依頼する工務店や大工さんに拠って、構造材の加工プロセスが異なっています。常、プレカットで仕事を進めている工務店に 手刻みの仕事をお願いしても、加工場の確保や職人さんの関係で対応は難しいでしょう。しかし、これからは住宅着工数は少なくなり、良いものを永く使うという時代になって行くと思われます。「手刻みの仕事」を望む住まい手が、少しづつ増えてくるかも知れません。期待も込めて・・・。

c0049902_10045857.jpg


by a-kashi | 2018-10-05 10:15 | 記録:茶畑脇のすまい | Comments(0)