カテゴリ:記録:山裾のすまい( 3 )

設計事務所検査

「山裾のすまい」
本日、設計事務所検査を行いました。

工事着手は2月初旬。
木ごころ工房の松村さんを中心に、
3ヶ月弱で工事をまとめて下さった職人さん達に感謝です。

c0049902_18271489.jpg


今回の住まいは、大きな2階建ての母屋の南東側に、母屋と直交するかたちで置かれています。こうした建物をこの辺りでは「脇屋」と呼ぶこともある様です。脇屋は母屋よりも小さく造ります。1階が土間で、2階に小さな居室を設けていることも多々あります。1階部分が土間の為、建物全体の高さが抑えられ、水平線の効いた美しい佇まいの建物を見掛けます。

脇屋は農作業小屋として使われますが、時に母屋を補完する住居としても機能します。隠居した夫婦が母屋を離れ住居として使ったり、若夫婦が住まいとして利用を始めることもあります。「山裾のすまい」は後者の事例になります。同一敷地内にある複数の建物を活かして暮らしを紡ぐ、先人の知恵を改めて見直す意味がありそうです。のどかな地方都市であるからこそ叶う、豊かな暮らしが そこに在ります。

c0049902_18274067.jpg

c0049902_1828714.jpg

c0049902_18283251.jpg

c0049902_1829080.jpg


建物の旧状を留めつつ、新しい要素を違和感なく盛り込むことができました。

設計: 一級建築士事務所アトリエ樫 (現場担当:坂田洋子)
施工: 木ごころ工房 (松村寛生さん)
[PR]
by a-kashi | 2018-04-19 18:38 | 記録:山裾のすまい | Comments(0)

内(ウチ)と外(ソト)

「山裾のすまい」玄関廻り。既存建物の改修です。

c0049902_214340100.jpg

c0049902_2144532.jpg

これまでは、漫然と繋がっていた内と外。
4枚建てのアルミサッシュが納まっていました。

袖壁を付け、逆に開口部を絞り込むことで、
内(ウチ)と外(ソト)の関係が強まった気がします。

切り取られた先の、 既存の庭との関係がポイントになりそうです・・・。
[PR]
by a-kashi | 2018-03-06 21:45 | 記録:山裾のすまい | Comments(0)

ハウス in ハウス

「山裾のすまい」

増改築工事が始まっています。
増改築と云っても、住まいの中に住まいを築く計画。
玄関廻りを除き、基本的に外観は変わりません。

c0049902_1841477.jpg

c0049902_1844636.jpg

遠州地方によく見られる脇屋を、住まいに改修して行きます。
先ずは水廻りを1階の土間部分に増築。
増築と云っても、床面積は増えません・・・。

ちょっと不思議な感じですね。

大工棟梁は、建主さんのご指名で、
木ごころ工房、木遊舎の松村寛生さん。
[PR]
by a-kashi | 2018-01-31 18:06 | 記録:山裾のすまい | Comments(0)