人気ブログランキング |

心地よい疲れ

車に詰め込んだのは、プレミックスのモルタルが入った袋。
スコップ、軍手、バケツ、水糸、水準器・・・。
かみさんと二人現場にGO!

スタッフの塚本さんは、左官鏝、トロ箱、
ハツリの棒、その他、外構関係の道具を諸々・・・。
そして、彼女も現場にGO!

僕達が現場に着いて暫くすると、監督の渡辺さんが到着。
トラックの荷台には、サバ土とレンガ。
そして外構工事(レンガの積み直し)が始まりました。

c0049902_2302686.jpg
c0049902_2304472.jpg
c0049902_2324929.jpg
c0049902_2345832.jpg
c0049902_236184.jpg

今回の工事に参加したのは、建主さん、現場の監督さん、そしてアトリエ樫の三人。

建築工事と異なり、本来は建物が出来上がってからスタートできる造園工事に、
工程の上ではシワ寄せがいってしまいがち・・・。
今回の住まいづくりでも、、後半多少バタバタしてしまいました・・・。

建物(住宅)を作ることが目的ではなく、
我々が暮らす環境を作ることが目的だとすると、
庭を作ることは極めて大切・・・。

外構工事は仕切り直して、改めて三者一緒に庭作りを行うことになりました。

かみさんは、ブロック積みが載っている本を図書館から借りてきてきました。
塚本さんは、実家から造園関係の道具を借りてきました。

「こうしたい」という想いを図面に表現するのが仕事の常ですが、
自らが土にまみれ手を動かして物を作るとなると、少々勝手が違います。
トロ箱でこねるモルタルが思いのほか重かったり、
手際よく目地を詰めないとモルタルが乾燥してしまったり・・・。

何だか疲れました。
けれども心地よい疲れ、充実感・・・。

c0049902_23414480.jpg


昼ご飯は、建て主さんが作ってくれた「あんかけ焼きそば」。
ごちそうさま、美味しかったです。


追記:
翌朝目覚めると、心地よい疲れは激しい筋肉痛に変わっていました。
   
by a-kashi | 2008-10-03 23:51 | 記録:中庭のあるすまい | Comments(0)