人気ブログランキング |

アントニン&ノエミ・レーモンド

c0049902_19512670.jpg鎌倉にある「神奈川近代美術館」。
JR鎌倉駅から徒歩数分。
鶴岡八幡宮の池のほとりに佇む美術館。
設計は坂倉準三さん。


建築と暮らしの手作りモダン
アントニン&ノエミ・レーモンド展。

アントニン・レーモンドは建築家。
ノエミ・レーモンドはグラフィックデザインをはじめ、
多彩な才能を開花させたアントニンの奥さんです。

展覧会の初日でした。
僕とかみさん、スタッフの塚本さん。



c0049902_19533825.jpg
レーモンドさんにまつわる逸話は、
以前勤めていた事務所の先輩から、
時々聞かされました。


「おやじ」と皆に慕われていたこと。
怒ると本当に怖かったということ。

休日に仕事をしていると、
「君には家族がいるのだから、早く帰りなさい」
と言われたこと・・・。


こうした話は、事務所の所長だった「増沢洵」さんの体験談。

レーモンドに関する話は、
増沢さんから事務所の所員に伝えられ、
入社して間もない僕達にも先輩達から言い伝えられたのでした。


「増沢洵」さんは、戦後レーモンド事務所に入所して活躍した、
レーモンドのお弟子さんの一人でした。


c0049902_19551540.jpg

c0049902_19561273.jpg

時系列によりテーマを持って構成された展示物を見終えると、1階のピロティへ。
晴天だと池の水面が天井に映り込んで、
とても幻想的な場所です。


そこには、レーモンドの下で建築家としてスタートを切った、
前川國男さん、吉村順三さん、ジョージ・ナカシマさんと一緒に、
増沢洵さんも紹介されていました。



実は、この後、六本木で開催されている「コルビジェ展」へ。
こちらは、かなりのボリューム。

一日で二つの展示会巡り。
少々欲張り過ぎでした・・・。
by a-kashi | 2007-09-17 20:23 | 建築 | Comments(0)