人気ブログランキング |

山吹

山吹。
今、ヤマブキが咲いている。

バラ科の植物。
確かに花弁を良く見ると、桜のようでもある。
山吹色のヤマブキ。
その名の通り、色鮮やかだ。

高さが約3m以下で、幹から多くの枝を出しているような木の総称を、潅木(かんぼく)という。
ウツギ、アジサイ、コデマリ、サツキ・・・。
そして、ヤマブキも潅木として扱われる植物の一つ。
こうした潅木類は、庭を眺める我々の視線の先に、枝葉を広げてくれる。
花が咲き、彩りを添える樹木が潅木に多いのは、こうした理由からだろうか。

c0049902_16185164.jpg

目白駅の西側の土手に山吹が群生していた。
東京の設計事務所に勤めていた頃、出勤の時に目にしていた。
目白駅が建て替えられ、今はその姿を見ることができないかもしれない。

ヤマブキが咲く頃、土手の下草は青々とした葉を広げる。
春の若葉の緑色と、ヤマブキの山吹色。
その対比が何とも云えなかった。

そう云えば、このヤマブキ。
猫の額のような、東京の庭先に咲いていたヤマブキ。
東京に来た祖母が切花にして浜松に持ち帰り、挿し木をして育てたものでした。
挿し木をしたのが14年前。
祖母が他界して、もうすぐ2年。
by a-kashi | 2005-04-22 16:33 | 花々 | Comments(0)