柿の葉寿司

これから柿の葉寿司を作ります。
若葉が開いて日も浅く、とっても柔らかい。
この季節の柿の葉は、お寿司を包み込むのには扱いやすい。

c0049902_9225162.jpg
c0049902_9232051.jpg
昨日あらかじめ買っておいた、サヨリとホウボウ。
それから、しめサバにタコあたりを寿司ねたに・・・。
サヨリは昆布締めにしています。

[PR]
# by a-kashi | 2016-05-03 09:26 | 料理 | Comments(0)

蒸籠の蓋

傷んでいた 蒸籠の蓋のツマミを直した。
床板の端材を棕櫚縄で結わえてみました。

c0049902_12594893.jpg

c0049902_1302243.jpg

我が家では、土鍋で御飯を炊いています。
保温はできないので、冷めたご飯を温めるのに、
蒸籠は欠かせない調理器具。

毎日 大活躍しています。

[PR]
# by a-kashi | 2016-04-06 13:03 | 暮らし | Comments(0)

旧住吉浄水場 見学会

旧住吉浄水場の見学会が、無事終了しました。上下水道部主催で開催された見学会を、今年は建築士会まちづくり委員会の有志でサポート。数年振りの開催でしたが、往年は桜の名所としても名の知られたところ。大勢の方がお見えになってくれて何ともうれしかったです。今年は、ポンプ室内で浜松市の職員による、管楽器のミニコンサートも開かれました。活用実験の様なものが、管理者である行政側から進められたのは大きな前進・・・。

c0049902_16541473.jpg

[PR]
# by a-kashi | 2016-04-03 16:54 | 建築 | Comments(0)

敷地条件

本日 地盤調査を行いました。
敷地の南側と東側は、3mを超える間知ブロックの擁壁で囲まれています。

山影が敷地に落ち込んで、ある期間は日照に恵まれず、
これまで買い手が着かなかった敷地です。

宅地として購入するのには少々勇気が入るのかも知れません。

しかし、これまでに時間帯を変えて、月に一度は敷地に足を運び、
この敷地にふさわしい建物配置を検討し、事を進めることに相成りました。

c0049902_21113992.jpg
c0049902_2112772.jpg
一般的には、不都合に思われる敷地条件も、
捉えように拠っては魅力に置き換わります。

敷地は千差万別。
敷地の魅力は、人の魅力に通じます。

無口で無愛想に思われることがあっても、
捉えように拠っては、その無愛想さが 魅力に感じられる。
この敷地の愛らしさを、どうにかして生かして行きたいと思っています。
 

 
[PR]
# by a-kashi | 2016-03-31 21:19 | 建築 | Comments(0)

久し振りに訪問

先日、すまいづくりを考えておられる方から、問い合わせの連絡をいただきました。こうした時、できるだけ実際に建てられた住まいを御案内する様にしています。問い合わせを頂いた方が、現在どちらで暮らしているのかとか、「HPをご覧になって気になる住まいがありましたか?」などと質問をして、訪問先を検討します。今回は、竣工して1年を迎えた「丘の上のすまい」を訪問することになりました。お問い合わせを頂いた方の住まいから比較的近く、家族構成が似ていたからです。さて、久し振りに訪問した住まいは、以前とは少し違う様子。奥さんが頻繁に家具のレイアウトを変えたり、模様替えをして、家具や小物の落ち着き先を、楽しみながら探っていました。暮らしを重ねた住まいは魅力的です。設計した僕達も、何だかウキウキしてきます。

漆喰の壁に絵が貼られていました。色とりどりの お子さんの手形に、奥さんがちょっと手を加えた素敵なイラスト。

c0049902_18551082.jpg
c0049902_1856686.jpg
[PR]
# by a-kashi | 2016-03-28 18:56 | 記録:丘の上のすまい | Comments(0)

塩梅よく

本日 現場へ向かいました。

金物の納まりについて、大工さん、現場監督さんと話し合い。
その後、薪ストーブ絡みで伝兵衛堂の高橋さんが合流し、
月曜日から始まる屋根板金施工を前に、煙突周辺の納まり確認の打ち合わせ。

c0049902_1814199.jpg
ふと見上げると野地板の並びが本当に美しい。
今回の屋根構成は外断熱。
ほぼ この状態が仕上がりになります。

野地板を張ったのは上棟時。
あんなに慌ただしい中でも、杉板一枚一枚の色味を見て、
大工さんが塩梅よく張ってくれています。

白太や赤身の野地板が続いても妙なもの、
あまり規則的に赤白赤白となっても妙なもの・・・。
写真の通り、塩梅よく。
塩梅よく・・・。
[PR]
# by a-kashi | 2016-03-17 18:10 | 記録:公園脇のすまい | Comments(0)

本日、実施設計時における 見積金額調整の打ち合わせ。

数ある打ち合わせの中でも最もシビアで、
重苦しい雰囲気になりがちなのですが、
こちらの建て主さん 何とも前向きです。

ひとつひとつの問題を正面突破で乗り越え、するりと解決して行きます。
打ち合わせをしていて何とも清々しい。

c0049902_16355957.jpg
c0049902_16351440.jpg
さて、こうした打ち合わせの最後に、
「住まいづくりのネーミング」と書いた一枚の紙を差し出しました。
アトリエ樫では、ブログ等で「住まいづくりの過程」を紹介する際に、
いつもネーミングを行っています。

こうして 住まいづくりに言葉を添えると、建て主さんと設計者の間に、
一つの共通認識の様なものを確認できる気がします。
いよいよ これから現場が始まるぞって、覚悟の様なものが生まれます。

今回の住まいづくりは、「坂道のすまい」と名付けました。
建て主さんも、何だかカッコイイですねって 気に入ってくれました。

続きを読む・・・。
[PR]
# by a-kashi | 2016-03-12 16:54 | 記録:坂道のすまい | Comments(2)

工事期間中の建物って不思議です。
大きくなったり、小さくなったりします。

建物の配置を確認するために、地縄を現場に張った時、
現地に足を運ばれた建て主さんは、
異口同音に 我が家は こんなに狭いのって嘆かれ、
何だか不安気な様子になります。

工事が始まり、基礎が造られると、
少し大きく感じられる様になり、
ちょっと一安心という顔つきになります。

そして先日、「公園脇のすまい」は無事に上棟を迎えました。

c0049902_1825520.jpg
建ち上がった建物を前に、こんなに広くなくても良かったかなって顔付きをしています。
そんな時 ちょっとだけ、だから云ったでしょって、内心思ったりします。

けれども大丈夫。

これから内部の木工事が進んで行くと、
逆に何となく小さく感じられる様になって行きます。

そして工事が無事に終わると、
また何だか広々とした印象・・・。

工事期間中の建物って不思議です。
大きくなったり、小さくなったりします。

[PR]
# by a-kashi | 2016-03-09 18:11 | 記録:公園脇のすまい | Comments(0)

Homify

「奏でるSumai」が Homifyで紹介されています。
ライターの松永さんが、素敵な文章を添えてくれました。
[PR]
# by a-kashi | 2016-03-04 21:50 | 記録:奏でるsumai | Comments(0)

おろし天ざる蕎麦

今日のまかない 昼飯は 「おろし天ざる蕎麦」。

c0049902_1258765.jpg
ポカポカした日差しが届く窓辺に、
ちゃぶ台を出していただきました。


美味しい・・・。
[PR]
# by a-kashi | 2016-02-02 12:58 | 料理 | Comments(0)

こちらも 築15年の改修

日曜日、午前中の打ち合わせを終え、向かった先は名古屋。
早いもので竣工してから15年が経過した 「通り土間のある 比良の家」へ・・・。
経年変化で退色した外壁のリシン吹付、屋根板金の塗り替えを行うことになりました。

もう少し、このままでも十分に大丈夫な雰囲気ですが、
建て主さんの希望もあって、早めの手当を行うことになり、
改修範囲、色、艶(つや)を再確認。

c0049902_14465540.jpg
c0049902_14472074.jpg
c0049902_14474859.jpg

新築から15年の改修は、一つのサイクルかも知れません。

30代の半ばから、40代の前半に、
お子さんが生まれ、住まいづくりを考える皆さんが多いですね。
築後15年が経過し、子供達も独立。

ちょっとだけ、暮らしも ひと段落。
落ち着いて改修を考える時間と 余裕が生まれるのかも知れません。
[PR]
# by a-kashi | 2016-02-01 14:49 | 建築 | Comments(0)

築15年の住まい 改修

15年程前に竣工した住まい。事情があって当時の建て主さんが、住まいを手放されることになっていたのですが、新しい方が購入をご決断。その方からの依頼で、年末年始に掛けて小さな改修を行っていました。15年前に棟梁として仕事をまとめてくれた大工さんが、外部デッキを作り直してくれたり。階段廻りのスチール製の手摺を製作してくれた鉄工所の御年80歳になる会長が、現場に出向いて手摺にワイヤーを取り付けてくれたり・・・。

c0049902_1692956.jpg
c0049902_1695724.jpg
c0049902_16102187.jpg
同窓会で、友人に 久し振りに会った時の様に、
何だかとても気恥ずかしく、
そして心温まる想いを この現場で感じました。
[PR]
# by a-kashi | 2016-01-23 16:12 | 建築 | Comments(0)

杉材

加工場にて「墨付け・刻み」が始まりました。

墨付けとは、構造材の加工を行う前に、加工を行う印(しるし)を付ける作業で、
継手や仕口を加工する為に、木材に墨などで線が引かれます。
刻みは、その墨を元に、木材を加工していく作業になります。

最近ではプレカットと呼ばれる、CAMで加工されることが多いのですが、
今回工事をお願いした番匠さんでは、手刻みに拘って作業を進めています。

c0049902_1848739.jpg
さて、加工場に納材された杉材の山。
木材のグレードとしては「特一」と呼ばれる、丸みは無いものの、
節は各所に見られる仕様の材料ですが、
個体差は写真で見て頂いて分かる通り・・・。

手前の材料は、節は何処にも見当たらず、何とも美しい。
一方その右隣に置かれた材料は、これが同じ杉材かと思ってしまう程、
野性的な木柄をしています。

色白な人がいたり、色黒の人がいるのと同じく、
杉だって生き物なんだから、その容姿も様々です。

因みに、色黒の杉は、水分の多い川縁などで生育するのだとか。
「クロ」とも呼ばれる、この杉材。
乾燥させることは難しく 重量もあるのですが、
水には強く腐食し難いのだそうです。

加工場に納材された、杉材の山。
大工棟梁は何処に どの材料をあてがうのか、
材料一本一本の癖を見ながら木配りをしています。
[PR]
# by a-kashi | 2016-01-19 21:52 | 記録:公園脇のすまい | Comments(0)

地鎮祭

新しい すまいづくりが始まります。
本日、地鎮祭が無事に執り行われました。

c0049902_114148.jpg
祝詞を上げて下さった、神主さんの声が素敵でした。
地鎮祭を終え 挨拶廻りで伺った、ご近所の皆さんが何とも素敵でした。
8月下旬の竣工引き渡しに向けて、皆でこれからも頑張ります。

c0049902_11134015.jpg










この模型から少し変更していますが、
妻入り大屋根の住まいが生まれます。

お楽しみに・・・。
[PR]
# by a-kashi | 2016-01-11 11:16 | 記録:公園脇のすまい | Comments(0)

手入れ

昨日、大学駅伝が終わり、今朝、息子は大学に戻り・・・。
仕事始めとは なりませんでしたが、
今日は諸々 身辺の手入れをしています。

c0049902_1624942.jpgc0049902_16242694.jpg
c0049902_16245466.jpgc0049902_16251088.jpg
庭の落ち葉を掃き、靴を磨き、鞄を磨き、鍵の具合を調整し。
一見 何も変わっていない様ですが、具合よくなりました。
[PR]
# by a-kashi | 2016-01-04 16:26 | 暮らし | Comments(0)

今年の初日の出。

山塊の様な厚い雲が、水平線上にあり、
なかなか朝日が顔を出せない・・・。

c0049902_13523825.jpg
しかし、それはそれで、見応えのある初日の出でした。
「じっと待つことも大切だ」なんて、一緒に浜辺に行った息子が一言。

また一つ 新しい年を迎えました。
本年も どうぞ 皆さんよろしくお願いします。
[PR]
# by a-kashi | 2016-01-01 13:53 | 暮らし | Comments(0)

今年の仕事

今年竣工を迎えた住まいは3つ。
それぞれに、個性的で魅力的な住まいになりました。

1月に竣工したのは、「丘の上のすまい」。
工事は「番匠」さんに依頼しました。現場監督は森下さんです。
深い軒に優しく守られた、落ち着いた佇まいの住まいになりました。

c0049902_16322131.jpg
c0049902_16324787.jpg

4月には「車寄せのあるすまい」が竣工しました。
こちらの工事は「名興住宅」さんです。現場監督は渡辺さん。
いつもより階高を200㎜程上げて、天井高をゆったり確保しています。

c0049902_1637389.jpg
c0049902_16381085.jpg

そして9月には、音楽室を併設した「奏でるSumai」が竣工しました。
こちらの工事は「赤堀産業」さんがまとめています。現場監督は桑原さん。
コンパクトでありながら、上品な雰囲気の住まいになりました。

c0049902_16412564.jpg
c0049902_16415180.jpg

新たな建て主さん、新たな敷地との出会いを いつも楽しみにしています。
来年も引き続き、よろしくお願いします。
[PR]
# by a-kashi | 2015-12-29 22:23 | Comments(0)

冬支度

今日は朝から、事務所の冬支度。
吹き抜けに天幕を張りました。

c0049902_1344355.jpg
c0049902_13444173.jpg
厚手の綿布を使っています。
布一枚ですが、結構暖かく感じられます。
そろそろ、アラジンの石油ストーブが登場です。
[PR]
# by a-kashi | 2015-12-03 13:51 | 暮らし | Comments(0)

外構工事

先日、外構工事を終えました。

計画敷地は風致地区。
緑被率という数値が決められていて、
敷地面積の一定割合が緑に覆われていなければいけません。

c0049902_1865289.jpg
この法令にならい植栽工事を行った訳ではありますが、
玄関先に樹木を数本植えただけで、
見違える程に「しっとり」とした雰囲気になりました。

毎回思うところではありますが、
外構工事は大切ですね・・・。
[PR]
# by a-kashi | 2015-11-17 18:11 | 記録:奏でるsumai | Comments(0)

引き渡しから約一月

引き渡しを終えてから、約一月が過ぎました。
本日は、ちょっと用事があって建物の撮影に・・・。

c0049902_212673.jpg
外観写真を撮ることが主たる目的でしたが、
室内も見せていただくことになりました・・・。

家具が座り、住まい手の暮らしが其処で繰り広げられるようになると、
住宅の魅力は格段に上がってきます。

c0049902_2164993.jpg
僕達が作るのは、あくまでも暮らしの背景。

ギラギラした形ではなく、暮らしを包む空気感の様なものを、
何処まで創り出せるのかが、大切なのかも知れません。
[PR]
# by a-kashi | 2015-10-27 21:15 | 記録:奏でるsumai | Comments(0)