庭の様子

「公園脇のすまい」。
出来あがった庭の様子を紹介していませんでした。

c0049902_220239.jpg

c0049902_2204948.jpg

もう直ぐ、竣工引き渡しを終えて3ヶ月ということで、
現在3ヶ月点検の日程調整中。

庭が出来上がって、こんなに印象が変わるものかと、
改めて感じた仕事でした・・・。
[PR]
# by a-kashi | 2016-11-10 22:04 | 記録:公園脇のすまい | Comments(0)

外装仕上げの最終確認

近日、外部足場を撤去するということで、外装関係の再確認。先日、同じく外装関係の確認を行いましたが、今日は 先日指摘した内容について対応がなされているかも含めた最終確認。高い所は 正直 余り好きでは有りませんが、足場を払ってからでは、気になる箇所が見つかっても対応が困難。ということで、上から下まで、グルリと2周しました・・・。
緊張していたのか、今は何だか脚の筋肉が張っています。

c0049902_1652068.jpg

c0049902_1654927.jpg

c0049902_1661830.jpg

木工事は佳境。
これから 最終盤。
階段廻りの造作に掛かります。
[PR]
# by a-kashi | 2016-11-03 16:09 | 記録:道具の様な家 | Comments(0)

晴天の下 上棟

10月中旬、晴天の下 無事上棟。
上棟の日と云えど、必ずしも晴天になる訳ではなく、なかなか写真の様な青空に恵まれる訳ではありません。正直なところ、こんな抜ける様な青空の下で上棟を迎えたのは久し振りかも知れません。構造材は天竜の杉材。小屋組みには天秤梁を用いています。天秤梁は天井懐に隠れ、最終的には地棟の一部を見せて天井を張って納めます。

c0049902_1627852.jpg
[PR]
# by a-kashi | 2016-10-13 16:17 | 記録:坂道のすまい | Comments(0)

地鎮祭

今にも泣きだしそうな曇り空の下、
どうにか雨に降られることなく、無事に地鎮祭が終了しました。
一生懸命、お浄めの砂を敷地に撒く息子さん。
どうも ありがとう。

c0049902_10472160.jpg

c0049902_1048746.jpg
今回の住まいづくりのネーミングは「南の庭と北の庭」としました。

建物本体のことには触れていませんが、
この言葉が恐らく重要な意味を持ってくると想像しています。
これから始まる住まいづくり。

お楽しみに・・・。


[PR]
# by a-kashi | 2016-10-01 10:42 | 記録:南の庭と北の庭 | Comments(0)

現場打ち合わせ

朝7時45分に現場に乗り込み、8時半からの打ち合わせの準備。先ずは打ち合わせ場所の設営から。日影を求め適当な場所を探します。今日は、電気設備関係の確認が主題。現場にスイッチ、コンセント、照明器具の位置を付箋を張りながら 落とし込んで行きます。建て主さんとの現場打ち合わせの後、電気プロット図、天井伏図、展開図に落とし込んで、現場へ指示を出します。しっかりと考えて図面を描いたつもりでも、現場にスイッチやコンセントの位置を実際に落とし込むと、改めて気づくことがあります。

c0049902_16462077.jpg

c0049902_16462489.jpg
[PR]
# by a-kashi | 2016-09-03 16:52 | 記録:道具の様な家 | Comments(0)

夏休みの昼飯づくり

夏休みの昼飯づくりも あと数日。
人数が多いので、汗びっしょりになります。

本日のメニューはサラダとパスタ。
パスタはごま油でニンニクとタマネギ、
鳥のひき肉を炒めた上、塩、しょうゆ、
オイスターソースで味付けしたもの。

パスタを二つに折ってから茹でているので、
何となく食べた時に受ける感覚が違うと、
勝手に感じています。

娘がいなかったら、トウガラシを入れたかったところ・・・。
次回は是非。

c0049902_12312819.jpg
[PR]
# by a-kashi | 2016-08-29 12:38 | 料理 | Comments(0)

こちらも 無事上棟

「三度目の普請」。
こちらの住まいも、数日前に無事上棟をむかえました。
4間角+α。床面積は16.5坪ほどのコンパクトな平屋です。
山裾に広がる住宅地の一角に佇みます。
建て主さんにとって、恐らく終の棲家。

予算的な制約が厳しいのですが、
それが逆に魅力となりそうな予感がしています。
年内の竣工に向けて、工事は進められます。

c0049902_10372716.jpgc0049902_10372729.jpg
[PR]
# by a-kashi | 2016-08-28 10:45 | 記録:三度目の普請 | Comments(0)

無事上棟

c0049902_17163231.jpg

「道具の様なすまい」が無事上棟を迎えました。住宅が建て込んだ、少しコンパクトな敷地ですが、南側の眺望は開け、気持ちの良い場所。ひとつも無駄にすることなく、敷地を使い切ること。ひとつも無駄にすることなく、空間を組み立てることが、このすまいづくりの大きな目標になっています。お楽しみに!
[PR]
# by a-kashi | 2016-08-25 17:28 | 記録:道具の様な家 | Comments(0)

無事引き渡し

平成27年の1月に建て主さんから電話連絡を頂き、基本設計がスタートしたのは同年3月。それから月日が流れ、約1年半後の平成28年8月末に、引き渡しを迎えることができました。長かった様な、短かった様な1年半。お子さんの通学のこともあるので、先ずは引っ越しを済ませ、これから外構工事を始めます。建て主さん、工事関係の皆さん、お疲れ様でした。

c0049902_17034685.jpgc0049902_17034189.jpg


[PR]
# by a-kashi | 2016-08-25 17:14 | 記録:公園脇のすまい | Comments(0)

もう直ぐ引き渡し

引き渡し前の住まいにて、点灯確認をしました。
この時点では ちょっと物足りないぐらいが丁度いい。
住まいは 飾って眺める絵皿じゃなくて、暮らしを盛り付ける器だから。

c0049902_18232374.jpg



























家具が置かれ、読みかけの本が山積みになって。
壁には絵が掛けられ、お気に入りの食器がテーブルに並び、
子供達が家の中を駆け回り・・・。



[PR]
# by a-kashi | 2016-08-22 18:38 | 記録:公園脇のすまい | Comments(0)

道具の様な家

住まいづくりのネーミングを一旦 決めて、ブログの記事を書き出したのですが、どうも しっくり来ないのです。どうしてなのか、その理由が分からずにいたのですが、その謎が今日解けました。ブログ「カテゴリー」の名称がいけませんでした。思い悩んでいたのですが、答えは思いの外 身近なところにありました。建て主さんから頂いていた、住まいづくりに向けたヒアリングシートに、その答えが自筆で書かれていました。改めてつけた、すまいづくりのネーミングは、「道具の様な家」。新しい家に対する夢を伺った時、建て主さん自身から、お聞きした言葉です。

c0049902_18381534.jpg
年末の竣工に向けて、工事は既に始まっています。
工期は少々短く、現場は大変。

「道具の様な家」を、引き続き よろしくお願いします。



[PR]
# by a-kashi | 2016-08-02 18:49 | 記録:道具の様な家 | Comments(0)

工事終盤

外構工事の打ち合わせを兼ねて、ペンダントの取り付け高さを再確認。木工事が終わり、内部の左官工事がまとまると、器具付けや建具の吊り込みはこれからですが、部屋の雰囲気や空間のボリュームは明らかになっています。これまで図面を介して想像の中で決めていたことが、建て主さんからすると、非常に分かり易くなってきたみたいです。

c0049902_1653367.jpg
c0049902_1655813.jpg

工事は終盤。
途中お盆休みも挟みますので、この後 一気にまとめに掛かります。



[PR]
# by a-kashi | 2016-07-31 16:11 | 記録:公園脇のすまい | Comments(0)

公開一年点検

「森とすまいの会」の催しとして、見学会を兼ねた、公開の一年点検を行いました。1年間暮らしを重ねる中で、住まい手が感じた不具合。住まい手自身は気が付かない、小さな住まいの変化・・・。 設計者、工務店、大工、左官、造園・・・。 住まい手は勿論、様々な職種の人達が集まって、住まいを総点検!

c0049902_1541929.jpg
c0049902_15414580.jpg
c0049902_15421264.jpg
c0049902_15423626.jpg

一年間こまめに運転した便所の換気扇。室内からは定期的に掃除をされていましたが、
外部のフェースを外すと、こんな具合。網の部分も合わせて取り外し、清掃する方法を工務店の方からレクチャーしてもらいました。左官さんからは漆喰壁が汚れた時の対応。造園の方からは、竣工引き渡し後しばらくの、庭への散水の大切さも話していただきました。こうしたフラットな関係で、問題を共有できるのは良いですね。




[PR]
# by a-kashi | 2016-07-30 15:51 | 記録:丘の上のすまい | Comments(0)

配筋検査

配筋検査が、無事終了しました。
4間角の平屋。単純な基礎。
きれいな配筋だねって、検査官にお褒めの言葉をいただきました。
コンクリートを打設するのが もったいないくらい。

c0049902_15594071.jpg       

[PR]
# by a-kashi | 2016-07-16 16:00 | 記録:三度目の普請 | Comments(0)

見学会を開催します

「丘の上のすまい」の見学会を開催します。
ご興味のある方は是非!

c0049902_18155710.jpg
詳しくは、「森とすまいの会のHP」をご覧下さい。




[PR]
# by a-kashi | 2016-07-15 18:17 | 建築 | Comments(0)

足場撤去前の確認

本日、外部足場撤去前の現場確認を行いました。
軒天に張った杉板の乾燥が進み、本実の目地が開いた為、
塗装のタッチアップをお願いしましたが、その他は特に問題なし。

c0049902_17594812.jpg

梅雨明けしたのではないかと思われる強い日差しを浴びて、
外部塗装のウッドロングエコが落ち着いた色合いになってきました。

[PR]
# by a-kashi | 2016-07-15 18:05 | Comments(0)

工事が始まっています。

まるで遺構の調査の様。
実は工事が始まっています。

c0049902_20163249.jpg
遣り方という作業で、建物の位置だしを行った上で、
土工さんによる根切り工事が進められています。

敷地と建物の関係が、詳細に結びついて行きます。



敷地脇に生えていた、おそらく柳の木。
気になったので、そのまま残しておきました・・・。



[PR]
# by a-kashi | 2016-07-11 20:17 | 記録:三度目の普請 | Comments(0)

弁当作り

二日連続、娘は浜松市中体連の水泳大会。朝6時45分には弁当持参で家をでる。かみさんの方針で、弁当の御飯は当日の朝に炊いた飯。我が家の場合、土鍋で御飯を炊いているので、前日飯炊きの準備をして、朝起きたら炊き上がっているなんて芸当はできない。朝5時前から起きて、朝飯と弁当を並行して作ることになる。朝飯と弁当のおかずを同じにするのもモチベーションが下がるので、2食を並行して作るのだ。この作業、昨日は かみさんが担当。二日続きはキツイので、今日は僕が担当。娘は大きな弁当を抱えて、会場に向かった。僕の今日一日は、既にもう終わった様な気分・・・。




[PR]
# by a-kashi | 2016-07-03 07:52 | 暮らし | Comments(0)

追い込みです

工事は終盤。大工さんは追い込みです。
外回りを残し、内部の木工事は今月中旬までの予定。

普段は話好きの大工さんですが、追い込みということで黙々と作業を進めています。

c0049902_1637775.jpg
c0049902_16373580.jpg
今月の半ばには、外部足場も払われます。
建物の外観が一層あらわになります。

外壁の塗り壁も施されました。
外部木部に塗った塗装の色も落ちついてきて、
何だか「ぐっと」引き締まった印象です。

[PR]
# by a-kashi | 2016-07-02 16:42 | 記録:公園脇のすまい | Comments(0)

1年目の検査

新しい住まいでの暮らしが始まって、約1年が経過。本日、1年目の検査を行いました。
1年目の検査は、建具の調子や設備の不具合を確認し、調整を行うことが主たる目的です。しかし、それ以上に気になるのが、日々の暮らしを重ねる中で生まれる暮らしの風景。

住宅は、住まい手と設計者の共同作業で造り上げる「建物」ではありますが、住まいが単なる器としての用を超え、その人なりの「住まい」になる為には、住まい手自身の働き掛けが不可欠です。建物が竣工した時は、少々物足りないくらいで丁度いい。そんな住宅が、今日どんな姿で僕達を迎えてくれるのか、ワクワクドキドキしながら現地に向かいました。

c0049902_16205341.jpg

c0049902_16211797.jpg

春夏秋冬、全ての季節を体験すると、
住まいも、そこに暮らす人も何だか落ち着いた雰囲気になる様です。
何となく落ち着かなかった家具達も、居場所を見つけ始めていました。

ご夫婦は模様替えが大好き。
この住まいは、時を重ねれば重ねる程に、味わい深くなって行きそうです。

[PR]
# by a-kashi | 2016-06-25 16:25 | 記録:車寄せのあるすまい | Comments(0)