<   2017年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

大壁・真壁

引き渡しに向けて、工期終盤の現場です。

構造材の柱や梁が見えなくなるのは大壁。
線が消え、面的に空間構成するので、広がりが生まれやすい。

構造材の柱や梁が表しになるのは真壁。
材料の線が視覚的に意識されるので、部材寸法の検討には注意が必要。

c0049902_21432761.jpg


こうした意匠上の違いも さることながら、
真壁は構造材が表しになっているので、
材料の劣化やシロアリに拠る食害を早めに察知できるのは良いところだと思います。

壁面については、真壁、大壁の分類が明確ですが、
天井面についても、真壁、大壁の分類に似た、
真天井、大天井なるものがある様に思います。





アトリエ樫の設計する建物を単純に整理すれば、
真壁・大壁 × 真天井・大天井 の、
4つの組み合わせを展開してるに過ぎないのかも知れません。

僕がお世話になった増沢洵さんも云われていましたが、
基本になるのは真壁だと思います。

真壁をベースにして、間取りや部屋の大きさ、
住まい手の暮らし振りなどを鑑みて、
全体の構成を考えて行くことが大切だと思います。
[PR]
by a-kashi | 2017-01-27 21:50 | 記録:坂道のすまい | Comments(0)

基本設計の模型

 基本設計終盤の模型。

c0049902_20303920.jpg

 これまで傾向の異なる6つの案を、段階に応じて順次提示。
 手探りの中、住まい手の望む暮らしを、
 計画案の提示を行う中で確認して来ました。

 本来、その土地に建つ、その家族の住まいは、
 設計者の僕達の中にある訳ではなく、
 住まい手の想いの中だけに有る訳でもなく、
 設計者と住まい手が、共通に理解し合える対象を通して、
 一緒に探して行くものだと思っています。

 「竣工した時がゴールじゃない、スタートになる住まい」。
 住まいを豊かに育てて行くのは、住まい手自身。

 骨格を見失わない様、基本設計の作業を進めています。
[PR]
by a-kashi | 2017-01-17 20:44 | 建築 | Comments(0)

片栗粉

今日のまかない「麻婆うどん」。
豆腐の代わりに、大豆や大根を入れてみました。
お皿に添えた春菊との相性もバッチリです。

c0049902_12391139.jpg

我が家では、冬になると片栗粉の消費量が急増します。
[PR]
by a-kashi | 2017-01-16 12:41 | 料理 | Comments(0)

「生産年齢人口」

高校受験を控えた娘。
私達、「生産年齢人口」になるみたい・・・。
何だか、この言葉の言い回しが腑に落ちないみたい。

僕の時もそうだったけれど、
中学校社会科の授業は内容が盛り沢山で、
入試前まで 政治経済や近代または現代史の「詰め込み講義」が続きました・・・。

そんな中、君達 15歳を迎えれば、
「生産年齢人口」の対象になりますと、
学校の授業で教えられた様だ。




腑に落ちないことは、大いに疑問を持って下さい。
将来は、君たちが創るのだ。
[PR]
by a-kashi | 2017-01-13 21:32 | 暮らし | Comments(0)

ブログのスキン

気分転換にブログのスキンを変えてみました。
どんなもんでしょう?
[PR]
by a-kashi | 2017-01-09 21:00 | 暮らし | Comments(0)

お弁当

c0049902_1501614.jpg
明日の午前中は 二人とも現場の打ち合わせで遅くなるからって話をしたら、
高校受験を控えた娘が 皆の弁当を作ってくれました。
高校に進んだら弁当持ちになるので、その練習でもあるみたい・・・。
とっても美味しかったです!
[PR]
by a-kashi | 2017-01-09 15:01 | 暮らし | Comments(2)

昨年の仕事

昨年、竣工を迎えた仕事は4つ。

c0049902_15541634.jpg
先ず一つめは、15年程前に設計した住まいの改修。
とある事情で住まい手が変わる中、
新しい住人には お子さんが居られるということで、
階段の吹き抜け廻りに手摺幕板を新設しました。
この後、トイレ廻りに建具を増設する改修も行いました。

c0049902_15592742.jpg
二つめの仕事は、木造住宅の新築です。
ゆったりとした南入りの敷地。
敷地条件が恵まれていることで、
計画内容を絞り込むのが逆に難しくも有りました。
水平ラインの効いた外構計画とも相まって、
最終的には趣きのある佇まいを生み出すことができました。

c0049902_164467.jpg
三つめの仕事は、延べ床面積16.5坪の平屋の住まいです。
限られた予算を有効に活用する為に、
本当に必要なものは何なのか、建て主さんと一緒に考えました。
最終的には 数字上の面積では考えられない広がりが生まれ、
コストを抑えていますが 非常に上質な雰囲気に仕上がりました。
設計契約から竣工引き渡しまで1年という、短期決戦の仕事でもありました。

c0049902_1673567.jpg
そして最後はクリスマスに引っ越しを終えた、「道具の様なすまい」。
コンパクトな敷地に、3台分の駐車スペースと、
家族6人が暮らす居住スペースを確保。
こちらの仕事は土地探しから始まって、
足掛け4年で ようやく竣工を迎えました。

家づくりは千差万別です。
敷地があって、個性的な建て主さんがいて、
予算の都合もあって、僕達設計者がいて・・・。


もう そろそろ、仕事始めです。

[PR]
by a-kashi | 2017-01-04 16:13 | 建築 | Comments(0)

謹賀新年

あけまして おめでとうございます。

c0049902_9152532.jpg
今年の初日の出は、何とも穏やかでありました。
子供たちは節目の年を迎えます。
そんな子供の姿を目に、僕達も日々 心新たに過ごして行きたいと思っています。

                                   
                                本年も よろしくお願いします。
[PR]
by a-kashi | 2017-01-01 09:17 | 暮らし | Comments(0)