<   2005年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧

坂田卓也製作所

「坂田卓也製作所」
http://www.sakatatakuya.com

今日は、大晦日。
結局仕事を終えたのは、午後3時。
それから、窓のガラス拭き・・・。

ガラス拭きを終え、コーヒーを飲みながら一休み。
インターネットの検索を、特に目的もなくしていると、
「坂田卓也製作所」。

同姓同名。
そして、製作所・・・。
「何を作っているのかな?」と、お邪魔してみると、
京都に事務所を構える素敵な家具の製作所でした。

今まで、同姓同名の人に、実際に出会ったことはありませんが、
何となく親近感が湧いてしまいました。

基本的にコンピューターには縁遠い僕ですが、
知人の力を借りて、10ヶ月前にホームページを立ち上げてもらい、
今年は様々な方との出会いが生まれました。
何だか不思議。


それでは皆さん、良いお年を。

そして、来年もアトリエ樫を宜しく!
[PR]
by a-kashi | 2005-12-31 16:17 | 暮らし | Comments(1)

年賀状

12月28日に、仕事納めのつもりでした。
いまだに納まっていません。

朝一番で1年半近く前に竣工したお宅に伺い、
その足で竣工間際の現場に廻りました。

c0049902_22454374.jpg
現場には、
僕と同様に仕事納めに至らない、
電気屋さんと建具屋さんが・・・。

それから事務所に戻り、
昨日刷り上げた年賀状の裏面に、言葉を添えて行きました。


今年の年賀状は、ブログにアップした写真を編集してデザイン。
カラープリンターで印刷を始めたのですが、
昨日、作業の途中で印刷が出来なくなり、途方に暮れていました。
試行錯誤を繰り返しましたが、プリンターから出て来るのは真っ白な葉書。
プリンターは僕の思うように動いてくれません。

c0049902_22516100.jpg

そこでまた、ホームページを作成してくれた友人の助けを借りることに・・・。
そして今日、Aさん家族がプリンターを抱えて、我家に登場。
年の瀬の慌しい中、本当にありがとうございました。



そして漸く、残りの数十枚の年賀状を完成させることが出来ました。

4~5年前までは、年賀状を木版画で一枚一枚刷り上げていました。
何だか、あの頃が懐かしい。
[PR]
by a-kashi | 2005-12-30 23:06 | 暮らし | Comments(4)

僕は自営業

僕は自営業。
かみさんが居ないと、どうにもなりません。

僕は自営業。
仕事を始めて、多くの人に支えらていることを実感しました。

僕は自営業。
子供達は、僕達が何をしているか、じっと見つめています。

僕は自営業。
仕事に誇りを持っています。

僕は自営業・・・・。



形態としては、事務所を独立開業して、結果として自営業。
けれども、実感としては、
独立することで、より多くの人達に支えられている我々を意識することに・・・。



独立した個人があって、始めて支えあう社会が生まれる。
僕自身も、増沢建築設計事務所という組織の中で、
10年近く職歴を重ねてきたけれど、
当時は良く分かりませんでした。

人の助けを借りること、
多くの人に支えられていることを、独立して初めて実感しました。

人に支えられて、初めて人を支えることができる。


裸一貫、社会にもまれ、人のありがたみを知る環境に自らを置くこと。
会社にあっても、独立した個人を認識すること。


大人が、本当の意味で大人になることで、
社会は大きく変わると思います。
[PR]
by a-kashi | 2005-12-27 22:47 | 暮らし | Comments(2)

竣工検査

今日、入野の住まいの竣工検査がありました。

c0049902_2104373.jpg

この住まいの特徴は続き間。

居間・食堂そして座敷、ご主人の寝室、奥さんの寝室。
4つの部屋が建具で仕切られながら、続いて行きます。

写真の奥に、もう一部屋が待っています。

普段のプランニングとは異なる形態では有りますが、
設計当初の違和感も、建物が完成に近づくと、
こうした住まいの持つ魅力を再発見することができます。

廊下が在って、部屋が取り付くクラスター状の形態でもなく。
ワンルームの構成でもない。

自分自身の価値観を超えて、住まい手と協働を進めることで、
新しい住まいのかたちが生まれるのは、
とても楽しいことです。


当然、住まいは設計者のものではなく、
住まい手自身のもの。


「ここには居らぬか!」という
吉良上野介を探す、忠臣蔵のセットのようですが、
何とも、しっとりした雰囲気になってきました。

建具を引くことで、新しい空間が広がる。
そんな楽しさが、この住まいには有ります。
[PR]
by a-kashi | 2005-12-27 21:28 | 記録:入野のすまい | Comments(0)

釜揚げうどん

今日のお昼ご飯。

c0049902_12504499.jpg釜揚げうどんです。
器は寿司桶。


昼ごはんの準備は慌しく、
麺類が食卓によく並びます。


夏は蕎麦、そうめん。
そして、冬はうどんが中心。

うどんは、腰が強い太めが好き。



めんつゆに、生姜と、胡麻、
そして葱を入れて、
つる、つる、つる・・・。



茹で上げるのに、多少時間が掛かるので、
その間にもう一品。
ごぼうと人参の天婦羅をつくりました。


美味い、美味い。
[PR]
by a-kashi | 2005-12-26 12:58 | 料理 | Comments(0)

クリスマスイブ

今日は、クリスマスイブ。

かみさんは未だに、「毒キノコ」に
うなされていますが・・・。

c0049902_20555727.jpg

まわりの家族が気を使って黙っていても、
「何で、私が毒キノコなの・・・?」と
かみさんが独り言。


我家の今年の流行語大賞は、
年末に急浮上した「毒キノコ」に決定のようです。
[PR]
by a-kashi | 2005-12-24 21:01 | 暮らし | Comments(0)

毒キノコ

昨日の夕方、かみさんが美容院へ。
久し振りのカット。

本人は、「るんるん」で帰ってきました。
そして、かみさんは4歳の娘と一緒にお風呂へ。


母:「ねえ、お母さん可愛い?」

娘:「毒キノコみたい!」

母:「・・・・・・。」

何で毒キノコなの?何でキノコに毒が付くの?
かみさんは、がっかりしてしまいました。


そして今朝、髪型を気にしている母さんが階段から降りてくると、
子供達は、いっせいに、「お母さん、可愛い~」。

「よかった、よかった」。
僕は、親子の会話を端で聞いていました。

その後、息子が余計な一言を
「南海キャンディーズの男の髪型みたい!」




ちなみに、僕の頭はスズメの巣・・・。
[PR]
by a-kashi | 2005-12-24 08:37 | 暮らし | Comments(6)

雪景色

今日は、電車に揺られて愛知県の刈谷へ。

昨晩、浜松でも雪が降りましたが、
西に進むに連れ、あたり一面が雪景色。

c0049902_17291547.jpg

写真は、打ち合わせに向かった先で撮った一枚。
50年振りの大雪で、皆さん大変だとは思いつつも、
何だかとても美しい。

普段、街に溢れる雑多な色が、
スノーパウダーを振り掛けられ、
白一色。

蛍光色の黄色い壁や、真っ赤な看板。

「ちょっと、遠慮してくれれば良いのに」と思ったり・・・。
[PR]
by a-kashi | 2005-12-23 17:41 | 自然 | Comments(0)

雪だよ。

寒い、寒い。

朝、目覚めると雪景色。
浜松では珍しく、12月に雪が降り積もりました。
ほんのちょっとですが。

c0049902_755930.jpg

食卓の上の天窓のガラスに、雪が薄っすら綺麗。
この程度では、雪が積もったとは云えないかも知れませんね・・・。



c0049902_7131059.jpg


全国的には、大雪で大変ですが、
ほとんど雪が降り積もることがない浜松。
息子は大喜びです。

c0049902_7181444.jpg

外に出て、本人曰く、雪だるまを作っていました。

 

今日は終業式。
午前中で授業は終わりです。

雪だるま君。
帰って来るまで、融けずに待っててね。
[PR]
by a-kashi | 2005-12-22 07:26 | 自然 | Comments(0)

忘年会シーズン

今日は19時から建築士会の委員会がありました。
建築展の開催を進める特別委員会。

会議は21時過ぎに終わり、
委員会の面々と居酒屋で忘年会。

c0049902_0261527.jpg
急に場面は変わりますが、
ここは、我家のトイレ。







小さな書棚が有り、雑多な本が並んでいます。


c0049902_0275838.jpg
其処に、山口瞳さんの本が一冊。
「酒呑みの自己弁護」。


酒呑みには、
何かと口実が必要なのかも知れません。

酒にまつわる短編がまとめられた、この一冊。


何とも昔の酒呑みはカッコイイ。


増沢事務所に勤務していた頃、会社の先輩に連れられて、
新宿のゴールデン街に繰り出したことが一度だけ有ります。

「マレンコフ」って云ったかな?
流しの親父のギターに合わせて、唄を歌ったのは15年以上前・・・。
[PR]
by a-kashi | 2005-12-22 00:40 | 暮らし | Comments(0)