カテゴリ:記録:三度目の普請( 8 )

本当に必要なもの

昨日 大雨の中を、事務所の皆で訪問。

12月初旬に引っ越しを済ませ、約2週間なのに、
ずっと以前から暮らしを重ねて来た様な落ち着きがあります。
本当に見事です。

c0049902_10131310.jpg

c0049902_1014445.jpg

c0049902_10143679.jpg
「三度目の普請」の住まい。
自分自身にとって、本当に必要なものは何なのか、
考えさせられる仕事でした。

[PR]
by a-kashi | 2016-12-23 10:20 | 記録:三度目の普請 | Comments(0)

無事引き渡し

「三度目の普請」。
本日無事に引き渡しを終えました。かみさんに云われて気が付いたのですが、ちょうど1年前の今日、設計契約を交わした様です。アトリエ樫としては、短期決戦の仕事でしたが、即断即決の建て主さんにも支えられ、今日この日を迎えることができました。延べ面積16.5坪のコンパクトな平屋ですが、その空間は伸びやかで、とても気持ちの良い住まいになりました。

c0049902_1722447.jpg

c0049902_17231773.jpg

c0049902_17235578.jpg

残すところは、建て主さんと庭師のお二人に拠る植栽工事と、家財の引っ越し。
どんな色に染まって行くのか、これから楽しみです。

施工    :入野渥美建築
現場監督 :渥美さん
大工棟梁 :竹本さん
[PR]
by a-kashi | 2016-11-30 17:28 | 記録:三度目の普請 | Comments(0)

床板が露わに

本日、検査機関に拠る竣工検査が行われました。
特に指摘事項も無く、無事合格です。

僕は竣工検査が無事終わったことよりも、
床の養生が揚げられて、床材が露わになったことに感激です。

c0049902_18355100.jpg
今回、床材は居間の窓辺から張って行きました。
大工さんの気配りで、赤味勝ちの材料を窓辺にまとめていました。
そこから少しずつ色目を見ながら、微妙に異なる様々な色合いの床板を、
折り合いよく張って行くのでした。

しかし、折角 張った床板を傷つけてはいけないので、
床板を張る傍から大工さんは床を養生していきます。
ですから床板が張られた全体像を、大工さんすら目にしていないのです。

そう、今日が床板の 初お目見えの日なのでした。


追記
目地を規則的に通すか聞かれましたが、
今回は乱尺で大らかに張ることにしました。
その方が材料の部分的な欠点も逃げられるし、
無駄がないと判断したからです。
[PR]
by a-kashi | 2016-11-25 18:16 | 記録:三度目の普請 | Comments(0)

真壁と大壁

今月末の引き渡しに向けて、工事も終盤。
仕上げ工事も始まって、建物の輪郭が鮮明になってきました。

c0049902_22264447.jpg
こちらの住まいは、延べ床面積16.5坪のコンパクトな平屋。
実質的な面積は限られていますが、数字上の窮屈さは感じさせない、
空間としての広がりや伸びやかさに気を配って設計しました。

c0049902_22281531.jpg
普段の設計では、柱や梁が見える真壁を基本としていますが、
今回の様なコンパクトな住まいの場合は、大壁とすることも選択肢の一つ。
まとまった壁を生み出すことが出来るので、家具配置も納まりが良い。

住まい手の暮らしぶり。
所有している家具。
建物の計画規模。

様々なことに想いを巡らせながら、
真壁が良いか大壁が良いのか、その都度 悩んでいます・・・。

[PR]
by a-kashi | 2016-11-14 22:34 | 記録:三度目の普請 | Comments(0)

こちらも 無事上棟

「三度目の普請」。
こちらの住まいも、数日前に無事上棟をむかえました。
4間角+α。床面積は16.5坪ほどのコンパクトな平屋です。
山裾に広がる住宅地の一角に佇みます。
建て主さんにとって、恐らく終の棲家。

予算的な制約が厳しいのですが、
それが逆に魅力となりそうな予感がしています。
年内の竣工に向けて、工事は進められます。

c0049902_10372716.jpgc0049902_10372729.jpg
[PR]
by a-kashi | 2016-08-28 10:45 | 記録:三度目の普請 | Comments(0)

配筋検査

配筋検査が、無事終了しました。
4間角の平屋。単純な基礎。
きれいな配筋だねって、検査官にお褒めの言葉をいただきました。
コンクリートを打設するのが もったいないくらい。

c0049902_15594071.jpg       

[PR]
by a-kashi | 2016-07-16 16:00 | 記録:三度目の普請 | Comments(0)

工事が始まっています。

まるで遺構の調査の様。
実は工事が始まっています。

c0049902_20163249.jpg
遣り方という作業で、建物の位置だしを行った上で、
土工さんによる根切り工事が進められています。

敷地と建物の関係が、詳細に結びついて行きます。



敷地脇に生えていた、おそらく柳の木。
気になったので、そのまま残しておきました・・・。



[PR]
by a-kashi | 2016-07-11 20:17 | 記録:三度目の普請 | Comments(0)

三度目の普請

「家は3回建てないと理想の家にはならない」なんて 時に云われます。

今回の住まいづくり。
実は建て主さんにとって、三度目の普請になります。
どんな理想の家が生まれるのか、乞うご期待。

c0049902_18472286.jpg
c0049902_18475557.jpg
今日も雨の中、お一人で敷地の草刈りを済ませてしまった様です。
自ら暮らしの場を確保しようという強い意志、行動力にに感服です。

単に 新たに家を所有したいということでは、
どうもなさそうなのです・・・。
[PR]
by a-kashi | 2016-06-24 18:50 | 記録:三度目の普請 | Comments(0)