無事引越し

先の週末で引っ越しを済まされたとのこと。
外構工事の進み具合の確認を兼ねて、お宅に陣中見舞。

c0049902_18451291.jpg

c0049902_18454469.jpg
 引っ越しを終え、荷物を納めたものの、
 ダンボールの山・・・。

 生活環境は一気に変わり、何かと大変です。
 片付けは少しづつ進めて頂ければと思います。

 
 庭の方は粗方まとまっていますが、
 門扉や一部の大谷石の設置はこれから。

 庭をまとめたハウズの鈴木さんからすると、
 予算の関係もあり、植栽のボリュームは
 最小限に抑えているとのことですが、
 なかなかいい感じです。

 庭をつくるのが目的ではなくて、
 住まいと一緒に佇まいを築く営み。
 造園工事は奥が深いですね。
 
[PR]
by a-kashi | 2017-03-27 18:58 | 記録:坂道のすまい | Comments(0)

町並みに対して

「坂道のすまい」

町並みに対して驚くほど抑えた外観。
できうる限り、計画した建物は 僕達の視界から消え入る様にしたい。
無意識に意識化されれば良いと思う。

c0049902_21592737.jpg

c0049902_220010.jpg

c0049902_2203582.jpg

しかし、よくよく見てみると、
町並みに対して抑えて造った筈の建物が、
また逆の意味で僕達の視界に入って来る。
置かれた町並みに対して、住まいを如何に構えるのかって、
中々難しいものなのだ・・・。

追記
ホームページを新規に製作しました。
是非、ご覧ください。

[PR]
by a-kashi | 2017-03-02 22:04 | 記録:坂道のすまい | Comments(0)

無事 引き渡し

「坂道のすまい」

本日無事に引き渡しを終えました。北側の道路に接する北入りの敷地。敷地間口は10m弱で、道路側に車を停めたいという要望もあり、採光と通風を確保しながら、建物の間取りと全体の配置をまとめて行くことに気を配りました。庭工事は これからですが、プライバシーの高い、落ち着いた庭を、敷地の南側に確保できそうです。お楽しみに・・・。

c0049902_17355797.jpg

c0049902_17362796.jpg

c0049902_17365428.jpg

c0049902_17372181.jpg

最後の写真は、大工の小林さんが現場の端材で作った椅子。
建て主さんの息子さんへのプレゼントだそうです。
押入れの中から出てきました。



追記
ホームページを新規に製作しました。
是非、ご覧ください。

[PR]
by a-kashi | 2017-03-02 17:40 | 記録:坂道のすまい | Comments(0)

外部足場をばらしました

外部足場をばらした「坂道のすまい」。工事は終盤の追い込みです。
現場には大工さん、塗装屋さん、左官さん。
様々な職方が現場に入るこの時期は、現場監督さんのマネージメントがきっと大変。

c0049902_09115254.jpg

c0049902_09121486.jpg

これまで時間を掛けて大工さんが重ねてきた仕事を、
最後にぐっとブラッシュアップ。
正しく仕上げて行く作業。

「仕上げる」とは、仕える+上げる。
職人さん達の仕事に取り組む様子を見ていると、
物づくりに仕えている様な印象が湧いてきます。


[PR]
by a-kashi | 2017-02-09 09:21 | 記録:坂道のすまい | Comments(0)

大壁・真壁

引き渡しに向けて、工期終盤の現場です。

構造材の柱や梁が見えなくなるのは大壁。
線が消え、面的に空間構成するので、広がりが生まれやすい。

構造材の柱や梁が表しになるのは真壁。
材料の線が視覚的に意識されるので、部材寸法の検討には注意が必要。

c0049902_21432761.jpg


こうした意匠上の違いも さることながら、
真壁は構造材が表しになっているので、
材料の劣化やシロアリに拠る食害を早めに察知できるのは良いところだと思います。

壁面については、真壁、大壁の分類が明確ですが、
天井面についても、真壁、大壁の分類に似た、
真天井、大天井なるものがある様に思います。





アトリエ樫の設計する建物を単純に整理すれば、
真壁・大壁 × 真天井・大天井 の、
4つの組み合わせを展開してるに過ぎないのかも知れません。

僕がお世話になった増沢洵さんも云われていましたが、
基本になるのは真壁だと思います。

真壁をベースにして、間取りや部屋の大きさ、
住まい手の暮らし振りなどを鑑みて、
全体の構成を考えて行くことが大切だと思います。
[PR]
by a-kashi | 2017-01-27 21:50 | 記録:坂道のすまい | Comments(0)

トップライト

今日は、建て主さんと現場にて打ち合わせ。

大工さんは、駐車場の天井廻りのボード張りを進めています。
駐車場の天井は不燃材とする必要があるので、
ケイ酸カルシウム板を張っています。

c0049902_13244172.jpg

c0049902_13252884.jpg

c0049902_13255386.jpg
採光のみを目的としているので、トップライトはFIX。
トップライトがあるからといって、垂木を切ることもなく、
そのまま表しとしています。
[PR]
by a-kashi | 2016-12-03 13:30 | 記録:坂道のすまい | Comments(0)

合板選び

今日の午後は建材屋さんにお邪魔して、合板選び。

ラワン合板は一枚一枚表情豊かです。200枚程の合板の山を、監督の森下さんとスタッフの江尻さんとで解いて行きました。途中から珍しい笹杢のような合板が出て来るではありませんか。これには皆で「びっくらぽん」。こちらの合板は天井面に使うことに決定しました!よく分かりませんが、魚市場で魚を買い付ける料理人の心持ちを ちょっとだけ味わった気分がします。

c0049902_21511925.jpg

c0049902_21514996.jpg
前職場の増沢建築設計事務所では、ラワン合板の目透かし張りが極めてスタンダードな仕上げでした。経年変化で、飴色になった合板の表情は何とも云えないものがあります。自ら事務所を始めて暫くは、ラワンン合板を使いませんでしたが、ここ数年、原点回帰なのでしょうか、以前使っていた仕上げ材が気になります。
[PR]
by a-kashi | 2016-11-24 21:55 | 記録:坂道のすまい | Comments(0)

現場は居心地良く

本日は現場の定例打ち合わせ。
スタッフの江尻さんと一緒に現地に向かいました。

定例打ち合わせ始める前に、先ずは打ち合わせの場所決めです。
今日ここで打ち合わせを行っても、差しさわりの無い場所を、
大工さんに聞きながら取り決めます。

c0049902_20183373.jpg
ここでイイよと案内してもらったのは居間の一角。
壁には仮設の棚が設けられ、コーヒーやお菓子、
それから大きな時計が掛けられ、
江尻さんが描いた枠廻りの詳細図も貼られています。

何だか大工さんの事務所の応接室みたいです・・・。

打ち合わせの前に、大工の小林さんが床にダンボールを敷いてくれました。
それはそれは 居心地の良い 打ち合わせのスペース。



この家で、多分一番居心地が良さそうだと思われる場所を、
大工さんは既に居心地良く 使い始めていました。




[PR]
by a-kashi | 2016-11-16 20:29 | 記録:坂道のすまい | Comments(0)

晴天の下 上棟

10月中旬、晴天の下 無事上棟。
上棟の日と云えど、必ずしも晴天になる訳ではなく、なかなか写真の様な青空に恵まれる訳ではありません。正直なところ、こんな抜ける様な青空の下で上棟を迎えたのは久し振りかも知れません。構造材は天竜の杉材。小屋組みには天秤梁を用いています。天秤梁は天井懐に隠れ、最終的には地棟の一部を見せて天井を張って納めます。

c0049902_1627852.jpg
[PR]
by a-kashi | 2016-10-13 16:17 | 記録:坂道のすまい | Comments(0)

鍬入れの儀

先の土曜日、無事 地鎮祭が執り行われました。
「坂道のすまい」は磐田市内での計画。
ということで、地元の見付天神さんに来ていただきました。

普段、地鎮祭では、
・修祓(しゅばつ)~斎場並びに参列者のお祓い。
・降神(こうじん)~地鎮祭の神々をお招きする。
・献饌(けんせん)~お供え物の献上。
・祝詞奏上(のりとそうじょ)~地鎮祭用の祝詞奏上。
・清祓いの儀(きよはらい)~敷地の四方をお祓い清める。
と続いて鍬入れの儀(くわいれ)が執り行われます。

c0049902_1595495.jpg
先ずは、斎鎌(いみかま)で草刈の真似事を3回行いますが、
こちらを普段やって頂くのは 建て主さん。
その後、斎鍬(いみくわ)で鍬入れの仕草を3回行います。
こちは普段 工務店さんが行い、設計者の僕達は特に出番がないのが常でした。

しかし、今回の地鎮祭では、鎌(かま)、鍬(くわ)、に続いて、
斎鋤(いみすき)で鋤を入れる真似を行うということで、
鍬入れの儀を僕が行うことに・・・。

神事を進める神社によって、
地鎮祭の進め方は時に異なります。



ちょっと、ドキドキしました。
[PR]
by a-kashi | 2016-05-15 15:12 | 記録:坂道のすまい | Comments(0)