カテゴリ:記録:奏でるsumai( 17 )

Homify

「奏でるSumai」が Homifyで紹介されています。
ライターの松永さんが、素敵な文章を添えてくれました。
[PR]
by a-kashi | 2016-03-04 21:50 | 記録:奏でるsumai | Comments(0)

外構工事

先日、外構工事を終えました。

計画敷地は風致地区。
緑被率という数値が決められていて、
敷地面積の一定割合が緑に覆われていなければいけません。

c0049902_1865289.jpg
この法令にならい植栽工事を行った訳ではありますが、
玄関先に樹木を数本植えただけで、
見違える程に「しっとり」とした雰囲気になりました。

毎回思うところではありますが、
外構工事は大切ですね・・・。
[PR]
by a-kashi | 2015-11-17 18:11 | 記録:奏でるsumai | Comments(0)

引き渡しから約一月

引き渡しを終えてから、約一月が過ぎました。
本日は、ちょっと用事があって建物の撮影に・・・。

c0049902_212673.jpg
外観写真を撮ることが主たる目的でしたが、
室内も見せていただくことになりました・・・。

家具が座り、住まい手の暮らしが其処で繰り広げられるようになると、
住宅の魅力は格段に上がってきます。

c0049902_2164993.jpg
僕達が作るのは、あくまでも暮らしの背景。

ギラギラした形ではなく、暮らしを包む空気感の様なものを、
何処まで創り出せるのかが、大切なのかも知れません。
[PR]
by a-kashi | 2015-10-27 21:15 | 記録:奏でるsumai | Comments(0)

明るさの重心

夕暮れ時に、照明の具合を確認しに行きました。
1階の内法から下の部分は白い漆喰壁。上の部分は2階も含めて、ラワン合板の目透かし張りにしています。机上の照度も大切だけど、実際に視線に入る壁面等の明るさも大切。下部を明るい白い漆喰壁で仕上げることで、明るさの重心が低くなっています。吹き抜けてはいますが、ぐっと落ち着く感じがするのは、こうしたことが要因になっているのかも知れません。

c0049902_1848457.jpg
c0049902_1849395.jpg

[PR]
by a-kashi | 2015-09-18 18:51 | 記録:奏でるsumai | Comments(0)

引き渡し前

c0049902_1246369.jpgc0049902_12462367.jpg
c0049902_12465156.jpg
 引き渡し前。
 現場には、束の間の静寂がありました。

 塗装屋さんが一人、
 検査で指摘のあった部分の
 塗装をやり直しています。

 それから現場監督さんが一人、
 敷地周辺の片付けをしています。

 建て主さんと一緒に塗った塗床が、
 鈍く静かに光っていました。
[PR]
by a-kashi | 2015-09-17 12:54 | 記録:奏でるsumai | Comments(0)

今日の現場

本日、午前中は雨でした。

雨の日は素敵です。
柔らかな光が室内に届きます。
部分的に床のワックス掛けを行いました。

c0049902_2113788.jpg
少しづつですが、住まいが引き渡しに近づいています。
僕達は必要以上に造り込まず、 そこから先を 住まい手に委ねています。
そうすると、住まいは何だか人間臭く 魅力的になっていきます。

僕達が欲するのは、『かっこいい住まい』じゃなくて、
『魅力的な暮らしの場』なんだと思います・・・。
[PR]
by a-kashi | 2015-08-29 21:13 | 記録:奏でるsumai | Comments(0)

建て主さん工事

久し振りの記事更新です。ゴメンナサイ。

さて、「奏でるSumai」では、本日から建て主さんによる工事が始まりました。
建て主さんの工事は大きくは3項目。
・ 内部の漆喰塗り工事
・ 音楽室の塗床工事
・ 内部床のワックス掛け

内部の漆喰塗り工事だけは、照明器具など、
本工事の器具取付と絡みがあるので、
工事期間中の実施となりました。

c0049902_1110370.jpg
c0049902_11102975.jpg
c0049902_11105472.jpg
当初から、左官工事は施主工事とすることを前提に、
建物の設計を進めています。

足場が必要な高所での左官工事は危険です。
ということで、原則的に漆喰塗りとしたのは、
自分達の手が届く1階廻りの低い部分としました。

左官塗りを一機に進めるのは大変です。
ということで漆喰塗りとした部分は、
原則は柱で適宜区画されている、真壁で構成しました。
真壁で区画しておけば、今日仕上げるのは この範囲とすることも可能になります。

写真で見るインテリアには、そんな秘密が隠れています・・・。
[PR]
by a-kashi | 2015-08-20 11:19 | 記録:奏でるsumai | Comments(0)

軒天を白くします

普段は化粧野地板、化粧垂木で軒天をあらわしにすることが多いのですが、今回はケイカル板をフラットに張っています。こちらの敷地は正面に竹林、そこに深い軒下。ここは、いつもの様に軒を出すのではなく、柔らかな反射光を室内に取り込もうと考えました。ということで、軒天には白く塗装を施します。

c0049902_1830696.jpg
c0049902_18303375.jpg
軒天の扱いだけをとれば、実は こちらが今回のオマージュ。
鎌倉にある「神奈川県立美術館」です。
設計は坂倉準三さん。

c0049902_18372074.jpg
オマージュとして扱うのは 失礼だと云うのは、百も承知でありますが、
こちらの軒天井は本当に素晴らしい。

水面の揺らぎが映り込む様は、何とも云えません。
[PR]
by a-kashi | 2015-06-15 18:43 | 記録:奏でるsumai | Comments(0)

現場の進行状況

大工棟梁の鈴木さん。息子さんと二人、こつこつと仕事を重ねています。
二人で進めると現場の進み具合は、やはり早い。
こちらも 段取りよく物事を決めて行かないといけません・・・。

c0049902_2142380.jpg
c0049902_21422837.jpg
物としての建物を造るのと同時に、
建物を造ることで生まれる(切り取られる)場を意識することが大切ですね。

開口部に建具、枠回りの造作材が取り付くと、
場の輪郭が少しづつ鮮明になっていきます。
[PR]
by a-kashi | 2015-06-09 21:54 | 記録:奏でるsumai | Comments(0)

風呂場での打ち合わせ

本日の現場。

鶴田建具の渥美さんと監督さんと、木製建具に絡む枠回りの打ち合わせです。しかし、今日は大工さんが1階床のレベル出し、外は雨 ということで、唯一空いていた浴室部分で 打ち合わせを行うことになりました。
一坪のスペースに、折り畳み可能なアウトドア用のテーブルを広げます。大人四人が座ります。カタログや図面を広げます。これは窮屈だと最初は思っていましたが、落ち着いてくると何とも心地よい。まるで飲み屋で飲んでるような 気分になってきました。一坪の部屋にテーブルを置き、4人が座るなんて、とても図面には描けませんが、こうした中にも居心地の良さが潜んでいることは確かですね。

膝を突き合わし、密度の高い打ち合わせと相成りました。

c0049902_20122670.jpg

[PR]
by a-kashi | 2015-06-03 20:17 | 記録:奏でるsumai | Comments(0)