カテゴリ:記録:上貫名の脇屋( 11 )

1年目の検査

竣工から約1年。
工務店の監督さんと、住まいの検査に行きました。

c0049902_16204944.jpg
家具が置かれ、荷物が入り、日々の暮らしが1年重ねられました。

続きを読む・・・。
[PR]
by a-kashi | 2014-05-15 16:41 | 記録:上貫名の脇屋 | Comments(0)

この住まいに越してきて、初めて感じた心地よさ。
「鳥のさえずりが、こんなに聞こえてくるなんて」


今日、建て主さんから、こんな話を聞きました。

c0049902_22283422.jpgc0049902_22285190.jpg
c0049902_22292814.jpgc0049902_22294726.jpg
c0049902_22302434.jpgc0049902_22304548.jpg
                                        写真:寺田隼

明るさ、暗さ、心地よさ・・・。
何処かが欠けていると、きっと何処かが輝きだすのだと思います。

欠けているというか、上貫名の脇屋では明るさをぐっと抑えているため、
視覚的な感覚が抑えられ、聴覚とか他の感覚が研ぎ澄まされるというか、
開放されていく・・・。


欠落していることを恐れる世の中。
どこかが欠けていても、何かが輝いていれば、
僕は一向に構わないと思います。



どこも及第点だけど、
何も輝いていない人生や住まいなんて、
何だか詰まらない・・・。
[PR]
by a-kashi | 2013-06-10 22:43 | 記録:上貫名の脇屋 | Comments(0)

OPEN

いよいよ明日オープンします。

何とも のどかな川べりの集落。
初めて敷地を訪れた時の印象です。

道を挟んだ敷地の南側には、メロン栽培の温室。
そして、取り壊す前の脇屋が、そこにありました。

この場所に住まいを築く。
タイマッサージのお店を開く。
そんな思いが、やっと明日叶います。

c0049902_18315774.gif
お店の名前は「Soi7」。
よろしくお願いします。

c0049902_18372420.gifc0049902_18374081.gif
本日、植栽工事の立会いで、かみさんが現場へ向かいました。
その折に撮影した写真を添えます。

うとうとと、まどろんでしまうような空気感・・・。
[PR]
by a-kashi | 2013-05-16 18:23 | 記録:上貫名の脇屋 | Comments(0)

Soi7

お店が近々オープンします。
お店の名前は「Soi7」。

「タイマッサージ」のお店です。

c0049902_20352922.jpg

「Soi」はタイの言葉で、細い通りを意味するそうです。
東海道の松並木から数えて、7本目の通りを入ると、
お店にたどり着きます。

アトリエ樫が、
設計者としてお店づくり、
住まいづくりに関わりました。


よろしかったら是非!
[PR]
by a-kashi | 2013-04-24 20:37 | 記録:上貫名の脇屋 | Comments(0)

引き渡し

先日の月曜日、実は引き渡し。

c0049902_13111164.jpgc0049902_13113360.jpg
c0049902_1312976.jpg 11月に工事着手した現場。
 3月下旬に無事竣工、引き渡し。

 取り扱い説明を受け、
 引き渡しの書類を取り交わし、
 そして例のごとく皆でワックス掛け・・・。

 ワックスを掛け終え、外で休憩していると、
 建て主さんがボソッとひと言。

 「何だか、これで引き渡しっていうか、
 終わった気がしないんです・・・。」


しばらくして、合点。
「終わったんじゃなくて、もう始まっているんだと。」
[PR]
by a-kashi | 2013-03-27 13:20 | 記録:上貫名の脇屋 | Comments(0)

事務所検査

昨日は、「上貫名の脇屋」の設計事務所検査。
週明けには事務所全員でのワックス掛けと、引き渡しを控えているので、
現場を担当したかみさんと僕の二人で行きました。

c0049902_2142490.jpg
「脇屋」と云うだけあって、母屋の脇に佇む控えめな雰囲気。
けれども、凜とした趣が感じられる建物になりました。

c0049902_2165790.jpgc0049902_217438.jpg
c0049902_217432.jpgc0049902_217472.jpg

工事の後半、施主工事に奔走した建て主さんの熱意が伝わってきます。
外部木部の塗装、内部壁の左官工事、タイル貼り、クリーニング・・・。

左官工事が忙しかった頃、
目覚めると、自らの手が鏝を握ったままの形だったとか。
物を造るということは、手を動かすことなんですね。


もう一息です。


追記

物の形って、表層を追った表現としての物の有り様ではなく、
僕達が物に対峙する際の姿勢の表れだと最近は思っています。
[PR]
by a-kashi | 2013-03-22 21:16 | 記録:上貫名の脇屋 | Comments(0)

自分の家の壁を塗る

「上貫名の脇屋」の建て主さん。
実は、とっても実直頑固。
こう思ったら、決して「ぶれない」強さが有ります。

軒天の塗装、タイル貼りはご自分で、
内部の左官工事もセルフビルドで進めることになりました。

c0049902_22192568.jpg



続きを読む・・・。
[PR]
by a-kashi | 2013-03-06 22:41 | 記録:上貫名の脇屋 | Comments(2)

役者が揃ってきました

3月の竣工に向けて、工事は進んでいます。

高さを抑えた平屋の建物。
内部のスケールもミニマムです。
手が届く、手が届く・・・。

c0049902_22421298.jpg
工事中、「脚立が無くても大丈夫」と思われる程に、
高さ関係を抑えています。

続きを読む・・・。
[PR]
by a-kashi | 2013-02-06 22:55 | 記録:上貫名の脇屋 | Comments(0)

祝上棟

昨日は上棟でした。
土曜日は雨で建て方が中断されましたが、
日曜日には晴天の下、無事上棟。

c0049902_8445174.jpg
c0049902_8451967.jpg

こちらの住まいは母屋の南東側に造られる脇屋。
建て主さんの希望もあって、平屋で構成されています。

平屋は大地に寄り添うようで、しっとりとした佇まいがある。
地に足が着いた、そんな印象が前から有りましたが、
今回上棟に立ち会って改めて感じたことがありました。

平屋はメンテナンスしやすい。
自分の手で、そして目で確かめながら・・・。
足場が無くても大丈夫、軒先に梯子を掛けて自由自在に屋根を昇り降り。

手が届く、手が届く・・・。


レッカーも使わず、今回は無事上棟。


c0049902_8543753.jpg追記
上棟の折のお昼御飯は、
建て主の奥さんと、お母さんが準備して下さいました。

母屋があって、その脇に造られる住まいだから出来る業。

僕は打合せがあって、頂くことが出来ませんでしたが、
かみさんの話では本当に美味しかったとのこと。

写真で改めて確認。
美味しそうです・・・。
[PR]
by a-kashi | 2012-12-17 09:00 | 記録:上貫名の脇屋 | Comments(0)

模型で見ると

最終的に工事金額が決まり、屋根形状もFIX。
50分の1の模型を製作し、建て主さんに手渡しました。

c0049902_16214932.jpg
                                 模型製作:寺田 隼

模型で見ると、一層軒先が低く感じられます。
手を伸ばせば届くよう・・・。


「上貫名の脇屋」
設   計: アトリエ樫
現場担当: 坂田洋子

施   工: 番匠
現場監督: 森下さん
[PR]
by a-kashi | 2012-11-02 16:29 | 記録:上貫名の脇屋 | Comments(0)