カテゴリ:建築( 307 )

牧野植物園

娘の部活もあって、今年は慌ただしく高知へお里帰り。
高知滞在中、今年は二度も牧野植物園へ足を運んでしまいました。

c0049902_945291.jpg

c0049902_9452960.jpg

c0049902_9455548.jpg

c0049902_9462679.jpg

c0049902_9465835.jpg

高知県出身の植物学者、牧野富太郎の仕事と多様な植物を紹介する植物園。
おそらく今回で6~7回目の訪問になるかと思うのですが、その度に新たな気づきが有ります。
高知県にお出掛けの折には是非。
[PR]
by a-kashi | 2017-08-15 09:52 | 建築 | Comments(0)

初心、忘るべからず。

基本設計図書をとりまとめ、図面と模型とパースで説明。手で図面を描き、手で模型を作り、手でパースを描いています。重要なのは、成果品を創り上げる過程に、密度の高いプロセスがあること。データ入力することで、勝手に図面や模型やパースが立ち上がる。そんな風に「住まい」をつくっていません。成果品が大切なのではなく、物を創る、生み出す過程が大切なのだと思っています。
4本脚で歩いていた生き物が、ある日、二足歩行で両手の自由を獲得し、手を動かし自由に創造を重ねることで、人間は ある意味での進化を遂げてきた筈。その手を動かさずして、何か事を片付けようとするのは、進化ならず退化怠慢の始まり。初心、忘るべからず・・・。

c0049902_21312960.jpg

c0049902_21321242.jpg

c0049902_21324498.jpg

[PR]
by a-kashi | 2017-07-10 21:33 | 建築 | Comments(0)

共同住宅のユニット改修

共同住宅のユニット改修を行った。

しばらく空き室となっていた一つのユニット。
水廻りも経年変化で傷みが進んでいた。
間取りも南側に二間続きの和室が設けられているのだが、
現在の入居者の生活スタイルとズレが生じている印象だった。

限られた予算と工期の中で、改修を実施。
キッチンを取り替え、ユニットバスにも手を加えて・・・。

c0049902_18245782.jpg

c0049902_1825266.jpg

c0049902_18255133.jpg

c0049902_18285193.jpg

計8戸のユニットを、順次更新していくプログラムをこれから考えます。

追記
ホームページを新規に製作しました。
是非、ご覧ください。
[PR]
by a-kashi | 2017-02-23 18:26 | 建築 | Comments(0)

ホームページを新規に作成しました。
一般公開は、もう少し先になるみたいですが、
下記から覗いてみて下さい。

https://www.a-kashi.com/

[PR]
by a-kashi | 2017-02-22 12:53 | 建築 | Comments(0)

掛川はエフ・ベースさんの現場監理報告。内でもなく、外でもなく、一方向じゃなくて、多面的に見えてくる。二つの棟を一つの敷地に置いたことで生まれる、空間の変化や豊かさ。1敷地に原則1つの建物なんていう、妙な建築基準法がはびこって、僕達の暮らしの場は妙に窮屈になった印象。もともと、屋敷には複数の建物があって、群として その生活環境を支えていた筈なのだ。農家が近くに散在する この敷地。何となく相性が良い。

c0049902_21595328.jpg

c0049902_2201770.jpg

c0049902_220458.jpg

[PR]
by a-kashi | 2017-02-14 22:01 | 建築 | Comments(0)

基本設計の模型

 基本設計終盤の模型。

c0049902_20303920.jpg

 これまで傾向の異なる6つの案を、段階に応じて順次提示。
 手探りの中、住まい手の望む暮らしを、
 計画案の提示を行う中で確認して来ました。

 本来、その土地に建つ、その家族の住まいは、
 設計者の僕達の中にある訳ではなく、
 住まい手の想いの中だけに有る訳でもなく、
 設計者と住まい手が、共通に理解し合える対象を通して、
 一緒に探して行くものだと思っています。

 「竣工した時がゴールじゃない、スタートになる住まい」。
 住まいを豊かに育てて行くのは、住まい手自身。

 骨格を見失わない様、基本設計の作業を進めています。
[PR]
by a-kashi | 2017-01-17 20:44 | 建築 | Comments(0)

昨年の仕事

昨年、竣工を迎えた仕事は4つ。

c0049902_15541634.jpg
先ず一つめは、15年程前に設計した住まいの改修。
とある事情で住まい手が変わる中、
新しい住人には お子さんが居られるということで、
階段の吹き抜け廻りに手摺幕板を新設しました。
この後、トイレ廻りに建具を増設する改修も行いました。

c0049902_15592742.jpg
二つめの仕事は、木造住宅の新築です。
ゆったりとした南入りの敷地。
敷地条件が恵まれていることで、
計画内容を絞り込むのが逆に難しくも有りました。
水平ラインの効いた外構計画とも相まって、
最終的には趣きのある佇まいを生み出すことができました。

c0049902_164467.jpg
三つめの仕事は、延べ床面積16.5坪の平屋の住まいです。
限られた予算を有効に活用する為に、
本当に必要なものは何なのか、建て主さんと一緒に考えました。
最終的には 数字上の面積では考えられない広がりが生まれ、
コストを抑えていますが 非常に上質な雰囲気に仕上がりました。
設計契約から竣工引き渡しまで1年という、短期決戦の仕事でもありました。

c0049902_1673567.jpg
そして最後はクリスマスに引っ越しを終えた、「道具の様なすまい」。
コンパクトな敷地に、3台分の駐車スペースと、
家族6人が暮らす居住スペースを確保。
こちらの仕事は土地探しから始まって、
足掛け4年で ようやく竣工を迎えました。

家づくりは千差万別です。
敷地があって、個性的な建て主さんがいて、
予算の都合もあって、僕達設計者がいて・・・。


もう そろそろ、仕事始めです。

[PR]
by a-kashi | 2017-01-04 16:13 | 建築 | Comments(0)

見学会を開催します

「丘の上のすまい」の見学会を開催します。
ご興味のある方は是非!

c0049902_18155710.jpg
詳しくは、「森とすまいの会のHP」をご覧下さい。




[PR]
by a-kashi | 2016-07-15 18:17 | 建築 | Comments(0)

建築ジャーナル6月号

贈呈本が事務所に届きました。
書店に並ぶのは6月1日かな・・・。

c0049902_18124271.jpg

c0049902_1813814.jpg
「建築ジャーナル6月号」。
連載記事の「仕事場」にて、アトリエ樫が紹介されています。
編集部からの質問に答えるかたちで、
文章がまとめられています。


是非 手に取ってご覧になって下さい。

[PR]
by a-kashi | 2016-05-30 18:15 | 建築 | Comments(0)

外壁の塗り替え

4月の下旬だったでしょうか。10年以上前に増改築を行った方から、急な連絡をいただきました。現在 所有されているアパートの外壁を塗り替えたいとのこと。ついては、その相談に乗ってほしいという内容でした。現地に出向き、GW中に早速 現況確認。
「どうしたもんじゃろの~」と、現地で腕組みしてしまいましたが、その場でどうにか方針を決定。説明資料を改めて作成し、本日塗装屋さんも交え、施工範囲や塗り分け、塗料の色艶、施工のスケジュールなど、諸々を確認してきました。早々に現場は始まる様です。

短期決戦で、大きく印象が変わる塗装工事。何だかちょっと楽しみです。

c0049902_17504596.jpg
上の画像は、現況と塗り替え後を比較検討したものです。
[PR]
by a-kashi | 2016-05-26 17:57 | 建築 | Comments(0)