カテゴリ:記録:アザミ咲くすまい( 17 )

心地よさ

問合せを頂いた方からの希望を受けて、
「アザミ咲くすまい」をご案内した。

サラリとした五月の空気。
いつ訪れても心地よい場所・・・。

c0049902_12594429.jpg
暮らしを重ねる程に、魅力が増して行く気がする。

c0049902_1322611.jpg
窓辺に置かれた、試作家具のミニチュア。
窓の向こうに見えるのは、緑鮮やかな栗の木。

「ひかべ家具製作所」
[PR]
by a-kashi | 2010-05-17 13:04 | 記録:アザミ咲くすまい | Comments(0)

土曜日

先週末、土曜日の午後。
掛川での打合せを終えて、車を走らせました。
天竜川の支流、阿多古川を遡ります・・・。

c0049902_21554234.jpg

c0049902_21561726.jpg


建て主の日下部さん。
この春から独立し、阿多古で家具を作り始めました。

皆さんも、一度お訪ねを・・・。


「ひかべ家具製作所」
[PR]
by a-kashi | 2009-06-09 22:02 | 記録:アザミ咲くすまい | Comments(0)

少しづつ

「アザミ咲くすまい」へ、久し振りに行きました。

天竜川沿いの側道を北へ進む道中。
春霞なのか黄砂なのか、
遠く望む山並みはボンヤリとかすんでいましたが、
この場所の空気は何だかとても澄んだ感じ。

c0049902_12495774.gif
作り掛けだった濡れ縁が出来上がっていました。
子供と一緒に柿渋を塗ったそうです。


ガラスの入っていない室内の框戸。
和紙の貼っていない障子・・・。

家具職人でもある建て主さんの手で、
暮らしながら、少しづつ建具も作られて行きます・・・。

c0049902_12504367.gif

今日は、木工教室の打ち合わせ。
こんなスツールを作るのも良いね・・・。
[PR]
by a-kashi | 2009-03-17 12:59 | 記録:アザミ咲くすまい | Comments(0)

1月中旬に引渡しを済ませていましたが、
その時には奥さんが不在。

僕とかみさん、塚本さん、
休日だったので娘も一緒に、
昨日改めて訪問しました。

c0049902_18394564.jpg
一月前に引き渡した時には、
家具工事、一部の建具工事、濡縁工事がこれから・・・。

家具職人の建主さんは、あれからコツコツ。
書斎の家具を作り、昨日の段階で、濡縁はもう一息のところでした。

写真の椅子は、建て主さんが自らデザインし、
製作したものだそうです。

自分自身の手で家具が作れるなんて、
本当に素敵です・・・。

c0049902_1840143.jpg
昼前まで、お互いのこれからのことや雑談を交わし、
ご主人が作られた自家製のリンゴジャム、
庭先に芽吹いたフキノトウを頂いて帰路に着きました。


帰り道。
廃校になった学校の校庭で、持参した弁当を広げ、
おむすびを頬張る。


人との出会いは、本当に大切。
ありがとうございました。
[PR]
by a-kashi | 2009-02-09 18:50 | 記録:アザミ咲くすまい | Comments(0)

大工の松山さん。
薪ストーブの高橋さん。
そして僕・・・。

3人の男が「アザミ咲くすまい」を訪問。
先日の土曜日の午後、引渡しを行いました。

c0049902_21261655.jpg

終わったけれど、終わっちゃいない・・・。

家具のレイアウトはこれで良いのか・・・?
様々な試行錯誤が繰り返されているみたい。


暮らしながら手を加える。
家具職人でもある建て主さんの手で、家具も少しづつ作られて行くようです。
[PR]
by a-kashi | 2009-01-26 21:16 | 記録:アザミ咲くすまい | Comments(0)

雨降る中

今日は雨。
まとまった雨が降りました。

c0049902_2021459.jpg

c0049902_2024628.jpg
工事の終盤を迎えた現場。
雨降る中、事務所の検査です。

天候の具合からか、建物の中は薄暗く、何だかよく分からない。
検査といっても、細かな部分は見えてこない。

しかし、窓に切り取られた外の景色は、普段よりも印象的。


図面を描きながら当時考えていたこと、
実際に建物が完成に近づき感じること。

考えていたことと、実際にできたものが、
どのように繋がっているのかを感じることは、とても大切です・・・。



かみさんが、展開図を描きながら決めた和室北側の窓。
流石です!
[PR]
by a-kashi | 2008-12-17 20:05 | 記録:アザミ咲くすまい | Comments(0)

大丈夫

全く何も見えないところからスタートして、
互いに試行錯誤し、最終的に一つの住まいが生まれる。

建て主さんも分からない。
僕達にも分からない・・・。


けれども、仕事を進めていると、
これで「大丈夫だろう」と思える時がある。

c0049902_23514288.jpg

きっと大丈夫。
[PR]
by a-kashi | 2008-11-27 23:55 | 記録:アザミ咲くすまい | Comments(0)

澄んだ空気

何だか急に肌寒くなりました。
現場にも冷たく澄んだ空気・・・。

c0049902_20214983.jpgc0049902_20221248.jpg

c0049902_2024265.jpgc0049902_2024568.jpg
今日は現場に出向き、
浴室まわりやタイルに関する打合せをして来ました。
「アザミ咲く住まい」は木工事の終盤を迎えています。

建て主さんは家具職人。
大工さんは、設計事務所に永く在籍した異色の経歴。
そして僕達設計者・・・。

現在、身を置く場はそれぞれに多少異なっても、
歩みを進める方向は基本的には同じようです・・・。

潔くアキラメ、とことんコダワル。


潔い住まいが生まれそうです。
[PR]
by a-kashi | 2008-11-20 20:25 | 記録:アザミ咲くすまい | Comments(0)

材料選び

工期も残り少なくなって来ました。
もう一息です。

c0049902_21315653.jpg
今日、タイルメーカーの「平田タイル」からサンプルが届きました。

先日の日曜日、現場での打合せ。
「白い浴槽には白いタイル」という、定番の仕上げをお勧めしましたが、
住まい手からは、別の雰囲気を求められました・・・。


改めて取り寄せた、タイルのサンプル。
色を決めるのは悩ましいものです。

イブシ、アイボリー、コール、インディゴ、アボガド、ラスト、ラストグレー・・・。
色毎に異なる、タイルの名称。


う~ん、「イブシかな」。
それとも、「インディゴかな?」・・・。
そうなると、一旦選んだ床のタイルは変更した方が良いのだろうか。


何故そんなことを悩んでいるかって?
浴室はユニットバスではなく、昔ながらの造成のお風呂なのです。


浴槽を選び、
水栓を選び、
排水口を選び、
そしてタイルを選ばなくちゃ「イケマセン」・・・。

残すは、タイルのみ。
[PR]
by a-kashi | 2008-11-12 21:57 | 記録:アザミ咲くすまい | Comments(0)

今日の現場

建築展の会場を抜け出して、現場に向かいました。

c0049902_20572375.jpg
[PR]
by a-kashi | 2008-11-01 20:58 | 記録:アザミ咲くすまい | Comments(0)