カテゴリ:まちづくり( 9 )

写真展開催中

暑い日が続きます・・・。

今日は朝から写真展の会場設営でした。

「遺された鴨江別館」と題して、
遠鉄百貨店脇ギャラリーモール特設会場で、
近代建築写真展を開催。

c0049902_21295053.jpg

c0049902_21302328.jpg

建築士会浜松支部のまちづくり委員会が中心になって、開催に漕ぎ着けました。

展示会のまとめ役である、
伊藤さんの想いというか執念というか・・・・とにかく感服です。
素敵な展示空間が生まれました。

上田さんの写真もカッコいい!


しかし、今回こうした形で展示会を開くことができたのは、
4、5年前から開催されてきた「建築展」が伏線にあるのだと思います。

今回の写真展は「鴨江別館」を主題にしていますが、
その向かいにある「旧浜松銀行協会」を会場に、
これまで「建築展」の開催を、過去4回続けて来ました。

お向かいにある「鴨江別館」。
何だか気になってきたのであります・・・。


保存に向けた署名活動も行っています。


写真展は、9日(土)まで開催。
シンポジウムは10日(日)14時から、フォルテで開催されます。
どうぞ、お気軽にお立ち寄り下さい。


因みに、明日の9時から14時まで、僕は会場当番です。
皆さん、遊びに来て下さいね!
[PR]
by a-kashi | 2008-08-07 21:55 | まちづくり | Comments(0)

まち歩き

先週末の土曜日に、新居と舞阪のまちを歩きました。
「中野町を考える会」の活動です。

c0049902_21391396.jpgc0049902_21421682.jpg
c0049902_21401313.jpgc0049902_21404437.jpg

c0049902_21431774.jpgc0049902_21434138.jpg

c0049902_2144870.jpgc0049902_21443985.jpg

c0049902_21451981.jpgc0049902_2146242.jpg
「入り鉄砲と出女」に注意と云う訳じゃないけど、新居関所には鉄砲梁があって、
天井高が1830mmの旅籠屋を楽しんで、
脱着可能なササラコ下見のパネルに感心して、
地元の「まちづくりの会」が保存再生した建物を訪れて、
旅籠屋の階段廻りの雰囲気に、またまた感心して、
開口部の妙、暗い室内の空気も良いもんだと思って、
青空を切る屋並みが美しくて、
漁港をそぞろ歩いて、
中庭の、しっとりとした空気に惹かれて・・・。

まち歩きは終わりました。


帰り掛けに、いつもの魚屋へ。
「太刀魚」を買いもとめ、塩焼き、煮付けにして頂きました。


何しに行ったのかって?
まあ、これからのお楽しみ・・・。
[PR]
by a-kashi | 2008-04-07 21:49 | まちづくり | Comments(0)

発表会

発表会といっても、ピアノの発表会ではありません。
静岡地域貢献活動発表会。

c0049902_2217305.jpg

(社)静岡県建築士会が活動資金を助成する、
まちづくり団体の活動発表会が、
先日の日曜日に静岡市で開かれました。

今回、めでたく第10回!

・ 中野町を考える会 (浜松市東区)
・ 松川周辺地区まちづくり推進協議会 (伊東市)
・ ちょっといっぷく岡部塾 (岡部町)
・ 宮おこし工房 (富士宮市)
・ 二俣みがきの会 (浜松市天竜区)

5つの団体が参加して、活動報告が行われました。
僕自身は、主催者側で発表会を運営。
実は「中野町を考える会」の一員でもありますが・・・。

古い旅館が取り壊しの危機にあったり、
道路整備で町の様子が一変したり、
まちづくりが抱える問題は様々。

けれども、何だか皆楽しそう!

お土産の品を多数頂きましたが、
一番の頂き物は、参加者皆さんの元気だったかも知れません。

c0049902_22294148.jpg

写真は、伊東の皆さんが持参した「めぼう」。
イカの口のおつまみです。

中野町からは、「鮎サブレー」。
富士宮からは、「曽我漬け」と「鱒の燻製」。
二俣からは「ポンポンサブレー」・・・。
[PR]
by a-kashi | 2008-02-05 22:33 | まちづくり | Comments(1)

まちの記憶

一体、この人達の「まちの記憶」は、如何なっているんだろう。
溢れ出すように、次から次に出てくる人の名前、当時の様子。

ここに写っているのは、何処其処の誰さん。
この角に在ったのは・・・。

来場した年配の方々は、セピア色の写真前に、
「もう如何にも止まらない」状態。

c0049902_1815014.jpg
















写真提供:堀内さんのお父さん

建築士会の堀内さんに誘われて、
昨年から活動に参加している「中野町を考える会」。
そこで企画をした「昔懐かしの写真展」が、今日から始まりました。

c0049902_1862255.jpg

会場内には50点以上の写真や、
記憶を辿って作図された地図が展示されています。


よく見ると、何だかワクワク。

竹屋、紙屋、豆腐屋、下駄屋、木炭屋、味噌屋、石屋、桶屋、箸屋・・・。
「○○商店」も確かにあるけれど、
バラエティに富んだお店屋さんがズラリ勢揃い。

きっと、その店を訪ねれば、竹のこと、紙のこと、豆腐のこと。
ウンチクを語るオヤジが居たに違い有りません。


来場した皆さんを見て思ったのは、
其処に暮らす人と風景が一緒になって、
記憶として深く深く刻まれているということ。

美しい景観を創ること以上に、
其処に暮らす人達が生き生きと輝くことが大切だと感じました。


「昔懐かしの写真展」
4月7日、8日  9:00~18:00  浜松市東区 中野町自治会館にて開催中!
[PR]
by a-kashi | 2007-04-07 18:31 | まちづくり | Comments(2)

かれこれ7年

「地域貢献助成・技術情報特別委員会」
建築士会の委員会。

何だか長い名前で、何をやっているのか解り難いですね。
僕が、この委員会に所属して、かれこれ7年になります。

c0049902_22475611.jpg
建築士会は、建築士の資格を持つ人が集まる資格者団体。
僕のように、設計専業の事務所を主宰する人もいれば、
ゼネコンや工務店の方、大工さん、行政マンも所属しています。

何れにしても、建築士という資格を有して、
何らかの形で暮らしの場を創ることに関わっている人達の集まりです。

その建築士会の中に、
市民と協働してまちづくりを進める活動を支援する組織として、
この長い名前の委員会は設けられています。

具体的には、審査を行い、助成金を出したり、
まちづくりの情報提供をするのが委員会の役割。


毎年の恒例ですが、助成をしている活動団体の発表会が、
今年は磐田市見付で、先週末に開催されました。



写真は見学会場となった見付学校から撮影したもの。
隣の神社では、忙しそうに節分祭の準備・・・。


天候にも恵まれ、気持ちの良い一日でした。
[PR]
by a-kashi | 2007-02-05 23:08 | まちづくり | Comments(0)

幻燈会

旧笠井の郵便局。
夕方から開かれた「幻燈会」に参加してきました。

c0049902_22511949.jpg  
 講師は延藤安弘先生。
 独特の語り口。
 大学で教職を務める傍ら、まちづくりに取り組む伝道師。


 絵本を通して、まちを語り、
 名古屋でのNPO活動、高知県赤岡のまちづくりを語る。
 「冬の夏祭り」なんていう活動も紹介されたり、
 楽しい話を聞くことができました。


c0049902_2313312.jpg

今回会場となった、旧笠井郵便局。
明治時代から4代続いた特定郵便局。

幻燈会の前段で、この建物の所有者から説明を受けました。

何処かで聞いた名前。
何処かで聞いた声。
何処かで見た顔・・・。


僕の目の前に立っていたのは、小学校時代の恩師でした。
[PR]
by a-kashi | 2006-11-28 23:07 | まちづくり | Comments(0)

まち歩き3題

今週は3つの町を、まちあるき。
見付、中ノ町、新居町。

c0049902_9312866.jpgc0049902_9314443.jpg

c0049902_9321447.jpgc0049902_9323256.jpg

c0049902_9331455.jpgc0049902_933321.jpg

c0049902_93463.jpgc0049902_9342247.jpg


暮らしの場を創ることが、建築の仕事だとすると、
建物という枠の中に留まるのではなく、
まちの中に出て行くことは大切・・・。
[PR]
by a-kashi | 2006-11-18 09:38 | まちづくり | Comments(0)

新居町

今日は、建築士会の関係で、新居町のまち歩き。

新しく建築を設計するのが、僕達設計者の端的な仕事ですが、
建築を創るのが目的ではなく、心地よい暮らしの場を創るのが本来の目的。

つまり、単に建築を創るのではなく、
壊されようとしている建築を守ること、
傾きかけた建築を再生することも僕達の職域になります。

難しい話はさて置き、今日撮影した街の様子を紹介します。

c0049902_2112676.jpg

上の写真は、再生された「旅籠紀伊国屋」2階の写真。
昭和30年代までは、料理屋として現役で使われていたそうです。
新居関所から歩いて数分のところにあります。

押さえられた天井高。
メジャーで測ると、丁度6尺(1818㎜)でした。
当時、町人の旅人衆が宿泊したようです。

しかし、これがまた何とも云えない雰囲気。
寸法は、単に天井の高さとった端的な要素で決まるのではなく、
様々な部材寸法、窓の腰高、内法の高さといったバランスで決まることを痛感しました。


c0049902_2112295.jpgc0049902_21125385.jpg街を歩くと、
様々な光景に出会います。


車に乗って移動するのは、
何も見ていないのと同じこと。


徒歩で1時間強歩くことで、
町の印象は大きく変りました。


c0049902_21162597.jpgc0049902_2116552.jpg
知ることで愛着が生まれる。

町を好きになるのは、
本当に町を知ることから
始まるのかも知れません。


c0049902_2118643.jpg

[PR]
by a-kashi | 2006-10-25 21:19 | まちづくり | Comments(0)

街を歩けば・・・。

昨日は、建築士会で先輩の堀内さんと街歩き。
天竜川に程近い、浜松市中ノ町を歩きました。

浜松に帰ってからは、東京に居た時とは問題にならないくらい、
車に頼った生活をしています。
歩きながら、街を楽しむ時間は何処かへ消えてしまいがち。

c0049902_1745238.jpg

国道の整備で、止む無く伐採されるかも知れない樹木を見て廻ったり。

c0049902_1746759.jpg

街の裏通りを散策したり・・・。

c0049902_17484132.jpg そこで見つけたテンプラ屋。

 営業時間前とのことで、
 買い物をすることは出来ませんでしたが、
 何だかとても懐かしい雰囲気。

 ゴボウ天、芋天、キスの天婦羅、ハムカツ・・・。
 そして、ポッキンアイス20円。


地元の堀内さんには、当たり前の光景のようですが、
僕達は急に子供の頃を思い出してしまいました。
[PR]
by a-kashi | 2006-10-19 17:54 | まちづくり | Comments(0)