2017年 08月 01日 ( 1 )

手刻み

c0049902_18443645.jpg

c0049902_18451172.jpg


建て主さんの要望を受けて、「海風届くすまい」は手刻みで構造材を加工しています。風情のある下小屋で、墨付け刻みの打ち合わせ。それにしても蒸し暑い。
アトリエ樫が取り組む仕事の半数はプレカット、残り半数が手刻みとなっています。通常プレカットで仕事を進めている工務店に、敢えて手刻みをお願いすることはなく、仕事を依頼する工務店に拠って、結果的にプレカットか否かが決まるという、少し受動的な進め方になっています。全体の雰囲気や、木部の露出の具合等が、判断基準のひとつになっていますが、現時点では プレカットも手刻みも両方 知りたいと云うのが、僕自身の正直なところかも知れません。
「海風届くすまい」の建て主さん。実施設計の終盤、自分達が求める住まいは「手刻みの家」だと、はたと気付いたそうです。ということで、仕事を依頼していた工務店さんにお願いして、プレカットから手刻みに段取りを変えて貰いました。工事金額は上がります。それを承知した上での対応になります。手刻みの家が持つ「凛とした美しさ」を見抜く建て主さんの期待に応えられる様、大工さん、監督さん、僕達設計者、皆で知恵を絞ります。
[PR]
by a-kashi | 2017-08-01 18:45 | 記録:海風届くすまい | Comments(0)