明るさの重心

夕暮れ時に、照明の具合を確認しに行きました。
1階の内法から下の部分は白い漆喰壁。上の部分は2階も含めて、ラワン合板の目透かし張りにしています。机上の照度も大切だけど、実際に視線に入る壁面等の明るさも大切。下部を明るい白い漆喰壁で仕上げることで、明るさの重心が低くなっています。吹き抜けてはいますが、ぐっと落ち着く感じがするのは、こうしたことが要因になっているのかも知れません。

c0049902_1848457.jpg
c0049902_1849395.jpg

[PR]
by a-kashi | 2015-09-18 18:51 | 記録:奏でるsumai | Comments(0)