真壁・廻り階段

真壁の廻り階段は難しい。

真壁とは 柱、梁が表しになっている造り方。
廻り階段は、鉄砲階段と呼ばれる直線の階段ではなく、
階の高さの半分程度 登って、向きを変え 折り返し半分登るような階段。

c0049902_21553597.jpg
c0049902_2156379.jpg
段鼻、蹴込、巾木の扱い、梁との取り合い・・・。
気に掛けないと、うまく納まらない部分がいっぱいある。


木工事は一旦終了。

家具、左官、塗装・・・。
これから多くの職人さんが現場に入ります。
[PR]
by a-kashi | 2014-12-16 22:00 | 記録:丘の上のすまい | Comments(0)