ラワン合板

2階部分については、そろそろ木工事が終了します。

c0049902_17252664.jpg
壁と天井はラワン合板の目透かし張り。
養生で見えませんが、実は床面もラワン合板で仕上げています。

前職場の増沢建築設計事務所では、
実はラワン合板目透かし張りが、
最もポピュラーな仕上げでした。





一般的に、仕上げ材として使われる事の少ない「ラワン合板」ですが、
経年変化で飴色になった表情は、深みがあって大人っぽい。
シナ合板よりも、素材としての存在感は強いと思います。

c0049902_17374853.jpg
気をつけなくちゃいけないのは材料の色。
赤みの張った赤ラワンから、白ラワンまで材の色に巾があります。
今回も壁材として入れた5.5㎜のラワンは赤く、
天井材として入れた4㎜のラワンは白く・・・。

壁と天井で厚みを変えず、同じロットに揃えれば良かったと反省です。


しかし、こうした色のバラツキも、
それなりに表情があって良いものです。


1階部分の店舗部分については、
壁と天井材の板厚を揃えて発注することにしました。

木工事、これから1階に降りて行きます。
[PR]
by a-kashi | 2012-09-25 17:40 | 記録:スズキコーヒー焙煎所 | Comments(0)